So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の30件 | -

Smith & Wesson CKG107 (過去記事リバイバル) [ナイフ]

繊細で鋭い切れ味のナイフはデスクワークで重宝する。まあ、当然だな。
一方で、それと対極にあるようなナイフもまた魅力的なものだ。

切れ味はまあまあだが、とことん頑丈なやつ。

そんなのが、テーラーカラトリーのスミス&ウエッソンブランドから登場してきた。

CKG107 だ。(いつも思うが、なんとかシャレた名前つけて欲しいものだ。)

表情はかなり優しい。ひょうきんとも言える顔つきだ。
01.jpg

裏側を見てみると、ブレードに "First Production Run" の文字が。新製品の証だ。
02.jpg
そして、クリップ。思わずニヤリ。後方取り付けだ。これだよこれ。

無骨なフォルムながら、曲線と直線の調和が取れており、特にこの畳んだときがなかなか美しい。
03.jpg

で、ここからがポイントだ。
このナイフを手にすると次のことに真っ先に気付くだろう。

ブレードが異様に厚い。一般使用ではほとんど不必要とさえ思える厚さだ。

他のナイフと比べてみよう。

スミス&ウェッソンの標準的よりやや大きめの銀色のナイフ、
それから薄刃の代表格としてガーバーのファティを。
04.jpg

見てくれこの写真を。一目瞭然だ。ブレード厚が、CH0017 の 1.5 倍、ファティの 2.0 倍ある。
05.jpg
また、ライナーも厚い。これも CH0017 の 1.5 倍だ。
カメラの角度のせいでブレードが一方に寄ってるみたいに見えるが、ちゃんとセンターは取れている。

クリップ位置が良く、大きく張り出しているため、ホールドが非常にいい。ガシッって感じだ。
しかもデュアルサムスタッド。写真6→7のように親指人差し指両方で弾くのがお勧めだ。
その後、軽く手首を振ってやると気持ち良くオープンする。
06.jpg
07.jpg

グリップもまたいい。順手では写真8と9の握り方が出来るが、どちらも安定する。
08.jpg
09.jpg

まさにヘビーデューティを絵に描いたようなナイフだ。
シェフィールドさんは「ストライダータイプ」と表現しているが、納得だ。
こいつが本領を発揮するのは荒っぽい作業であるのは言うまでも無い。
キャンプでも仕事でもいい。ありきたりのナイフじゃ刃が欠けるような作業、
ブレードが折れるような作業にガンガン使ってやろう。

エッジはやや鈍角気味で容易に欠けない感じ。
精度良好、グリップ良好、オープンクローズスムーズ。廃番になったのが残念だ。

ところで、SWHRTFが売り切れたな。
http://www.sheffield.rgr.jp/sw/index.html
10.jpg
確認するすべは無いが、俺の記事が売り切れ早めたのなら嬉しいんだがな。(笑)


さて、次回はソーコムエリートの古い記事をリバイバルさせる予定だ。

今日も御来訪ありがとう。それじゃあまた次回も御来訪よろしく。
コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

M Tech MT-329R (過去記事リバイバル) [ナイフ]

これが 1,500 円程度の安物とは到底考えられん。

Mテックの MT-329R だ。(シャレた名前つけて欲しいものだ。)

これを買ったのは、例のマイチゲの店だ。
あそこは色々なナイフが高くてとても買う気になれないが、安物だけは安いので時々買っていた。
4"バンタムという名前で売られていた。バンタムという名前が一体どこから出てきたのか判らない。

ハンドルは金属製でとても美しい。このメタリックレッドと黒のグラデーションを見よ!
01.jpg

閉じた様子も美しい。
02.jpg

クリップは前方取り付けだが、長めなので中指薬指がうまいぐあいに乗る。
03.jpg

大きさはこれくらい。
04.jpg
精度まずまず良好、初期刃付け良好、オープンクローズスムーズ、グリップ良好、デザイン抜群。
素晴らしい出来だ。なので2本買ったものの、いまだに実用にできない。


今日も御来訪ありがとう。続いてこいつもやっておこう。
05.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Kershaw 1730VIB Groove Rainbow (過去記事リバイバル) [ナイフ]

フィンガーフリップとしては、指で弾くキック部分がなんとなく垢抜けない。
もしかしたら、初期のフィンガーフリップでは?

カーショウ、グルーヴ・レインボウだ。

グルーヴ(溝)の名の通り、ブレードに刻まれた溝が印象的なモデルだ。
Groove01.jpg
こういうふうな形だと、実用派の人が「この溝はどういう意味があるのか」とか聞いてくるだろうから、
あらかじめ言っておこう。

意味なんか無い。単なるデザインだ。

キックがやたらとピンと出ているのが、あまりおしゃれでない。
Groove02.jpg
ハンドルに G-10 をオンレイしてあるのが実に実用的と言えるんだが、コレクションアイテム的には、
せっかくのハンドルのレインボウカラーを隠してしまっていて、いまいちマイナス。

実用面で嬉しいのが、クリップが前後に付け替えられることだ。
Groove03.jpg
もちろん、ホールドのいい後方取り付けで決まりだ。

フィンガーフリップタイプであっても、クリップは後方取り付けのほうが断然操作しやすい。
Groove04.jpg
Groove05.jpg

ハンドルのフィンガーグルーヴが結構いい感じで、握ってみると実に良く指にフィットし、また、
ハンドルの G-10 と相まって、ものすごくグリップがいいことに気付くはずだ。
Groove06.jpg
Groove07.jpg

精度良好、初期刃付け抜群、グリップ良好、
オープンクローズスムーズ(ただし、ピボットの締め加減で快適さは微妙に変化する)。

ただ、レインボウカラーのものは、実用にするにはどうにももったいない。
実用にするつもりなら、レインボウでないものを選んだほうがいいような気がする。

俺の持っているこの1本は、駆け出しのころに某店で買ったものだ。
後になってシェフィールドさんにも入荷したのが口惜しい。
そうと判っていれば買うのを待ったものを。

カーショウは作ったナイフをすべてネットのカタログに載せる訳じゃない。
グルーヴ・レインボウは結局載せなかったので、現行品なのか廃番なのかさっぱり判らなかった。

さて、次回はこれだ。なかなか綺麗だな。これでも安物だ。中国製品の進歩はすごいな。
Groove08.jpg
今日も御来訪ありがとう。それじゃあ、また次回も御来訪よろしく。

─────────────────────────────────────────

コメント欄転載

[BMWさん]
本家のRJマーティンのデヴァステイターと同じデザインですね。
格好良いと言うのがナイフ選びでは重要な要素ですよね。

[Silverblade]
どうも、BMWさん、まいどです。
このデヴァステイターというのをネット検索してみたんですが、結局判りませんでした。
これで思ったんですが、BMWさんはどうもカスタムナイフを色々御存知のようですね。
ぼくの場合は、ファクトリー専門のためカスタムは全然知識がありません。
******
見た目の良さというのは絶対ですね。
ぼくの場合、とにかく見た目で買い、たまたま使い心地のいいものが実用ナイフになるという感じですね。

[BMWさん]
カスタムナイフもそんなに詳しくは無いですよ(汗)。
自分の気に入ったメーカーさんだけですから。

とりあえず「RJマーティン」でGoogle検索をかけると彼のホームページが見つかりますよ。

[Silverblade]
> 彼のホームページ
見つけました。Kershaw の zing なんかもそうですね。
どうもブレードに溝を入れるのが好きみたいですね。
あと、ぼくが知っていたのはランページ・フィクストブレード。
これも、この人の作品でしたか。
高いので手を出してませんが、かなりいけてるデザインだと思います。
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Kershaw Liner Action (過去記事リバイバル) [ナイフ]

今日の記事は、過去にヤフブロ側にアップした次の三つの記事をひとつにまとめたものだ。

Kershaw 2415T Liner Action
Kershaw 2415T Liner Action 補足
Kershaw 2415 Liner Action (Drop Point)

そのため、開閉場面等、似たような写真が複数あるが、御了承頂きたい。


カーショウ、2415T ライナーアクション、日本製だ。
01.jpg
レトロな感じだ。クラシックではなく、まさにレトロと表現するのにふさわしい。

ライナーロックフォルダであるということをことさらに強調しているこの名前から察して、
ライナーロックが登場してすぐの時期に作られたものではないかと思われる。

通常はこういう古臭いのは買わないんだがな。ちょっと触ってみたかったというところだ。
2415T の T はタントーの意味だろう。多分、タントーじゃないものもあったんだろうが。

全く色気の無い実用ナイフと言ったところか。
ただ、ハンドルは金属だし、ゴムがインレイしてあるんで、結構俺の好みだ。

今現在、ナイフにはヘクスローブ(トルクス)ネジを使うのがほとんどだが、
これは一般的な+ネジを多用している。
02.jpg
丸印の部分は全部、すなわちピボット以外全部+ネジだ。このへんもレトロ。
クリップは嬉しい後方取り付け。ブレードはチゼルグラインドだな。

クリップが後方取り付けな上、大きく張り出しているのでオープンクローズの際のホールドは凄くいい。
03.jpg
サムスタッドが滑りにくくて実にいい感じで、オープンクローズは快適なんだが、
サムスタッドを上から押し付けるようにするとブレードがハンドル内側を擦る。
なので、サムスタッドを上から押さず、外側に弾くようにオープンする必要がある。まあ、慣れたが。

持ちやすく、新聞の切り抜きなどには非常に使いやすい。(なので、現在その方面で多用。)
04.jpg
ただ、このハンドルにインレイしてあるゴムは軟らかいので、クリップを利用してベルトやズボンの
ポケットに挿すということを繰り返しているとどんどん削れていってしまうだろう。
なので、俺はクリップはホールドのためだけに使っている。

多分、安全性に配慮してのことだろう。ハーフストップを採用している。
05.jpg
この90度の位置でクリックストップする。

90度でクリックストップさせ、親指をどかす。
06.jpg

親指をどかしたら、人差し指でゆっくり閉じる。非常に安全だ。
07.jpg

見た目の派手さも無く、ハンドルデザインもありきたりで、俺にとってはコレクションアイテムとして
面白いものではないが、実用ナイフとしてはかなりいい。

精度良好、初期刃付け抜群、グリップ良好、オープンクローズ快適。
こいつも中古市場に出てきたのを見たことが無い。
色気の無いナイフゆえ、買うとしたらまず実用目的、そうするとその使い心地の良さゆえ
手放す気になれない、というところじゃないだろうか。

実はこいつはクリップを取り外しても、別の感触で非常に使い心地のいいナイフになる。
08.jpg
09.jpg

クリップのついている側にもソフトゴムがインレイされているため、
この摩擦を利用しての快適なホールドを確保できる。
10.jpg
11.jpg
12.jpg

こうやって持ったとき、クリップ無しだと、掌側にもソフトゴムが当たり、感触がものすごくいい。
13.jpg
正直言って、グリップの良さはクリップ無しのほうが上だ。

これは悩ましい問題だ。
二つの選択肢の両方が別の感触でとても快適で、そしてその一方しか選択できない。

もし、このクリップが前方取り付けだったら、俺は迷わず外して使うほうを選んだだろう。
ところが実際は、大き目のクリップの後方取り付け。
買ったばかりのナイフがこういう感じだと、思わずニヤッと笑ってしまうほどに、
非常に快適なオープンクローズ時のホールドを確保できる。

どうする・・・・

結局、クリップ有りの時とクリップ無しの時を何度も試してみて、
クリップを付けたままにすることを選択した。
そして、ゴムが削れるのは嫌なので、ベルトや衣服に装着する場合には極力クリップを使用せず、
シースを使うことにした。

なんという贅沢な悩みであることか。

思わずこんなことを想像してしまったよ。
******
店に1万円の限定品のナイフがふたつある。どっちも魅力的だ。
しかし手持ちは1万しかない。俺の後ろには数人の客がいて、ナイフを覗き込んでいる。
この場をちょっとでも離れたら、たちまちのうちに売り切れてしまうだろう。
なので、銀行やコンビニに金をおろしに行ってる余裕はない。
どうする・・・どっちも買わないなんてのは論外だ。
いっそ、一方が好みでなければ良かったのにとか、もっと金を持ってくるべきだったとか、
色々な思いが頭の中をぐるぐる回るが、状況は全く変わらない。
後ろの客の視線が背中に突き刺さる。
結局、意を決して一本を購入。
「はあ~」とため息。別の一本を買っていたとしても、やはりため息をついていただろう。
振り返ると、もう一本のナイフが梱包されようとしているところだ。
「はあ~」
・・・なんという贅沢な悩みであることか。
******
嫌いなふたつのものの、どちらかをやらなきゃいけないという状況より、
好きなものがふたつあって、その一方しか手に入らないという状況のほうが胸を締め付ける。

さて、ここまでがタントーモデルの記事で、偶然か否か、その元記事アップ直後に
シェフィールドさんにドロップポイントタイプが入荷したのでそれも購入した。
14.jpg
発見即買い。そして直後に売り切れマーク点灯。入荷は、もしかして俺が買った1本だけか?

比較してみよう。ブレード形状が違うのは当然として、もうひとつ目につくのがサムスタッドだ。
15.jpg
タントータイプはステンレススチール製だったのが、ドロップポイントタイプはプラスチック製
(多分ザイテル)で、少々安っぽい印象だ。ただ、実用上は全く問題無い。
後から分かったことだが、このサムスタッドは互いに互換性がある。

タントータイプはチゼルグラインド、ドロップポイントタイプは両面グラインドと、よくあるパターンだな。
16.jpg

以前も書いたが、こいつはクリップ有りでもクリップ無しでもどちらも別の意味で快適なので、
どっちにすべきか悩む。クリップが前方取り付けだったら「除去」の一手なんだが・・・

クリップ有りのパターン。
17.jpg
18.jpg
大型のクリップが後方取り付けのため、オープンクローズの際は抜群のホールドを約束してくれる。

クリップ無しのパターン。
19.jpg
20.jpg
21.jpg
ハンドルの左右両面にゴムがインレイしてあるため、その摩擦でクリップ無しでもホールドに
特に問題無し。さらに握ったときにクリップの出っ張りが掌に当たらない上、
滑らかなアルミと柔らかなゴムの感触が物凄くいい。

オープンクローズの際は90°の位置でクリックストップするハーフストップを採用。
オープンの時は特にメリットは無いが、クローズの際は安全性が抜群に向上する。
22.jpg
23.jpg

貝印がカーショウを吸収したあたりのモデルだろうか?
「ちょっと触ってみたい」という軽い気持ちで買ったナイフだが、
これほど使い心地のいいものだったのは嬉しい誤算だった。


さて、カーショウを続けよう。次回はグルーヴ・レインボウの予定だ。
24.jpg
今日も御来訪ありがとう。それじゃあまた次回も御来訪よろしく。
コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Kershaw 1450 Sapphire (過去記事リバイバル) [ナイフ]

俺がナイフに夢中になり始めた 2006 年、こいつは既に廃番だった。
だからメーカーサイトの写真を見てない。
メーカーサイトに載ってたかどうかも判らない(カーショウはウエブサイトに掲載しないものもある)。
青く輝く美しいハンドルを持つナイフ・・・

カーショウ、サファイアだ。
Sappire01.jpg

この青い色、ブルーアノダイズと言うんだが、はたしてどうやってやるものか俺にはさっぱり判らない。
指で直接触ると、触ったところが白っぽく変色し、指紋がべったりつくが、
拭き取ると綺麗に元通りになる。どういう理屈なのか、これまたさっぱり判らない。
拭き取れば簡単に綺麗になるとはいえ、なんとなく気分は良くないのであまり素手でも触りたくない。
Sappire02.jpg
Sappire02.jpg
(その後、御来訪者様方々から熱処理でやることとか、光学的な理由で様々な色合いを
出せることとか教えて頂いたが、正直言って俺には難しい。)

ブレードには Japan AUS8A とあり、また、箱にも Made in Japan と書いてある。
Sappire04.jpg
ハンドル素材だが、インナーはステンレススチール、アウターは多分チタンだと思う。
インナーは磁石にくっつくが、アウターはくっつかない。また、チタン独特の感触のようなものを感じる。

精度良好、初期刃付け抜群、オープンクローズスムーズ、グリップ良好、お勧め・・・してもしょうがないか。
Sappire05.jpg
中古も含めて市場ではほとんど見かけない。


次回は Kershaw Liner Action をやる予定だ。

今日も御来訪ありがとう。それじゃあ、また次回も御来訪よろしく。
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Kershaw 1470,1475 Storm (過去記事リバイバル) [ナイフ]

今日は金属ハンドル好きの人にズバリお勧めの逸品。
カーショウのストームだ。
01.jpg
まさかとは思うが、金属ハンドル好きでなおかつ軽量ハンドル好きっていう人は居ないよな?
それとも居るかな?
良く考えてみると、ソーコムエリートなんかは軽量ハンドル傾向だし。
ストームはブレードもハンドルも鉄製で、アルミさえも使っちゃいない、重量感抜群のモデルだ。
小さいほうが、4.2oz(119g)。大きいほうが、5.8oz(164g)。


小さいほうが I で、大きいほうが II だな。この使い分けはメーカーによりまちまちなので
大小、あるいは大中小あるようなモデルの場合、買うとき注意だ。
02.jpg
両方出品されていれば比較も簡単なんだが、一種類しか出品されてないような場合、
はたしてそれが大きいほうなのか小さいほうなのかすぐには判らない。
メーカーサイトであらかじめ良く調べよう。

クリップは前方取り付けだが、そこそこ大きいので、オープン時のホールドはまずまず良好。
03.jpg
後方取り付けにすることもできるのだが、フレームロックゆえ、
クリップは前方取り付けにしてロック解除部をカバーしたほうが快適に感じる。

ところでハンドルにインレイされている、この滑り止め、"Trac-Tec inserts"と言うんだが、
大型のシルバーと小型のブラックで材質が違う。
04.jpg
ブラックのほうは軟質プラスチックを砕いて固めたみたいな感じで結構ソフトで触り心地がいい。
対してシルバー大サイズは石を細かく砕いて固めたみたいな感じでかなりハード。
ヤスリみたいな感触がある。滑り止め効果はかなり高いが。

このモデルはフィンガーフリップ仕様ではない(メーカーサイトのどこにもそんなことは書いてない)
のだが、キックが背中に少し出るため、無理やりフィンガーフリップできる。
05.jpg
ただ、あまりやると指先が痛いし、俺よりも指の力の弱い人は無理かもしれない。

サムスタッドが独特の形状で、指当たりが非常に良く、なおかつ滑りにくいため、
オープンは非常に快適だ。
06.jpg
なお、この写真で、ハンドルのインレイにも注目して欲しい。
"Trac-Tec inserts"の材質の違いがなんとなく判るんじゃないか?

ハンドルのカーブが非常に良く考えられており、握り心地は非常にいい。
07.jpg
08.jpg
またハンドルのカーブとブレードのカーブが良く調和しており、見た目にも非常に優美だ。

見た目も使い心地もいい、金属ハンドルモデルの逸品のひとつだ。
ここから先だと中古品狙いということになろうが、このシリーズが中古市場に出てきたのを
俺は見た記憶が無い。つまり、出て来ることはあったとしても非常に稀と言える。
アメリカ製の高品質なフォルダなので、手放そうとする人はそうそう居ないのだろう。

さて、カーショウを続けよう。次回はサファイアをやる予定だ。
今日も御来訪ありがとう。それじゃあ、また次回も御来訪よろしく。
コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

小記事 CRKT Bombastic black , M16-03KS , M21-10KSF [ナイフ]

地震で予定を狂わされ、さらに暑くなってきてしまったので、
新記事アップは涼しくなってからにさせていただくことにした。
悪しからず御了承のほど御願い申し上げたい。

ただ、ボンバスティックと、同時に取り寄せ依頼した2モデル、
お勧めなのかそうでないのかだけ取り急ぎ述べておきたい。
全て中国製モデルなので、中国製品嫌いの人はスルーしてくれていい。

まずはボンバスティック。とりあえず安いブラックモデルのみ購入。
http://www.sheffield.rgr.jp/crkt/index.html
01.jpg
期待以上の出来だ。手にしてすぐに「おお!すげーすげー!」の連発。

こいつの見た目が好きで、なおかつ買おうかどうか迷っている人に言いたい。

何を迷っているんですか?ためらう必要とかあるんですか?と。

お勧め出来ないのは、中国製品嫌いの人、ライナーロック嫌いの人、軽量ハンドル好きの人だけだ。

実用品としてのお勧め度は、ボールベアリングピボットが好きだという条件付きで、★★★★★


二つ目、M16-03KS。シェフィールドさんに2型と4型があるんだが、
M21の0(ゼロ)型の取り寄せもしたかったので、3型の取り寄せを優先した。
02.jpg
こいつは期待通りの出来。Gerber EVOの好きな人なら確実に気に入るはずだ。
ピボットネジの調整やクリップ位置の変更などはこっちのほうが断然やりやすい。

クリップは4ポジション。右手でも左手でもとても快適だ。

実用品としてのお勧め度は、Gerber EVO が好きだという条件付きで、★★★★★


三つ目、M21-10KSF。M21には珍しい0(ゼロ)型ということで飛びついたのだが、うーん・・・
03.jpg
結論から先に言おう。こいつには決定的な難点がひとつある。
それは、ロック解除が非常にやりにくいこと。細かい理由は各論記事をお待ち頂きたい。
特に右手のワンハンドクローズがやりにくい。少なくとも俺には不可能。左手ならなんとか。
クリップは左右前方2ポジションだが、それ以前の問題。
(左手のほうがロック解除やりやすいというのは書き間違いではない。)

実用品としてのお勧め度は、
右利きの人 ★か、あるいは★無し
左利きの人 ★★か、あるいは★★★

今回の取り寄せ価格は次の通り。
CRKT M16-03KS 税抜き4,890円
CRKT M21-10KSF 税抜き4,180円
取り寄せ価格は為替レートや仕入先の卸値に伴って変動するので、そのつど確認して欲しい。
コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

次回分延期のお知らせ

6月18日発生の地震により、部屋の中がぐちゃぐちゃになってしまったので、
すまないが次回分は延期させていただくことにした。
怪我もしてないし、壊れたものもわずかなのだが、
これを片付けるのにはかなり時間がかかりそうだ。
改めて思うが、やっぱし地震はクソだな。
とっとと冷えて固まってしまえばいいのにな、地球。
あ、そうすると海底の熱水噴出孔近くの生き物が困るか。
1.jpg
2.jpg
3.jpg
コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Smith & Wesson HRT Fighter (SWHRTF) [ナイフ]

かなり古いモデルのようで、俺が気付いたときには良心的価格の店からは消えていた。
今回、シェフィールドさんが廃番放出品を見つけてきてくれたようで、感謝の言葉しかない。

Smith & Wesson HRT Fighter だ。
http://www.sheffield.rgr.jp/sw/SWHRTF.html
01.jpg
以前から欲しくてたまらなかったモデルで、しかも安かったので2本購入。

昔のテーラーブランドの中国製モデルにありがちだったんだが、製品間のバラつきあり。
02.jpg
状態のいいほうをA、イマイチなほうをBとしよう。Bは御覧の通りセンターズレ。
ただ、ハンドルの内側を擦っていないので、実用品としては合格圏内。

ロックの噛みはどちらも良好。
03.jpg

気になる初期刃付けは・・・
04.jpg
これもバラつきあり。Aは良好、Bはイマイチ。
05.jpg
06.jpg

状態のいいほうは当然美術品扱い。(笑)
07.jpg
実用派の人なら逆かな?

アラのあるやつは心置きなく実用に。まず砥ごう。
08.jpg
09.jpg

エッジ角度は、切っ先3mmくらいを強度確保のためか鈍角気味にしてあるが、大部分は鋭角なので、
軽く砥いでやるだけでこれくらいの切れ味になる。
10.jpg

Bの精度に関してなんだが、分かりやすくするため、うーんと誇張して描くとこんな感じ。
11.jpg
12.jpg

つまりはこういうことだ。
13.jpg
ただ、これも、ハンドルの内側を擦りさえしなければ実用品としてなら文句は無い。

一方、ブレードがハンドルの内側を擦る感触が嫌でしかたがないため、
そういったものは即売却あるいは廃棄する。
そういうやつは過去に4本出くわしている。

売却したもの:
スパイダルコ・ポリスモデル、鋼材 GIN-1
マンティス MT-2SCフォルダ旧品

廃棄したもの:
S&W ボーダーガード中サイズ2本、中国製モデル
(ボーダーガードは他に台湾製大サイズがあり、こちらは非常に品質良好。)

多分無理だろうが、修正出来るかどうか試してみよう。まず、ネジを全部緩める。
14.jpg
矢印の方向にテンションかけながらネジを締め直すわけだ。
15.jpg
さあ、どうかな?

やっぱしダメだな。こいつは情け容赦無くガンガン使っていこう。
16.jpg
ただ、こいつは物凄く使い心地のいいモデルなので、かえって良かったかなとも思う。
俺の性格だと、完璧な優良品は美術品扱いにしてしまうからなあ。
完璧な優良品でも実用にするのはマルチプライヤーとフラッシュライトくらい。

クリップは右サイド前方固定だが、結構大きいのでホールド性能はいい。
17.jpg
18.jpg
サムスタッドは指の引っ掛かりが良く、ハンドルとの間隙も充分にあるのでオープンすこぶる快適。

左手の場合、クリップホールド出来ないもののハンドルの肉抜き穴のカドにしっかり指が掛かるので、
19.jpg
これまたホールド性能バッチリ。オープンすこぶる快適。
20.jpg

クローズも快適だ。
21.jpg

ハンドルにはクセが無く、グリップ感触非常に良好。
22.jpg

クリップ末端は右手だと手のひらに、左手だと薬指に当たるが先端が寝ているため、不快感は無い。
23.jpg
24.jpg

順手逆手のターンも快適だ。やはりタクティカル系はこうでないと。
25.jpg
26.jpg
27.jpg

タクティカル系ナイフではあまりやらないだろうが、エンピツ握りも快適だ。
28.jpg

ハンドルはたっぷり肉抜きされているため、見た目ほど重くならず、ウエイトバランスは中庸。
29.jpg
重量 127g 、全長 202mm 、ブレード厚 3.0mm 、ライナー厚 1.7mm 、
ハンドル厚 13.9mm 、クリップ含む 19.3mm

まあ、とにかく使い心地のいいナイフなんで、中国製品嫌いの人とライナーロック嫌いの人を除き、
タクティカル系好きの人に実用ナイフとしてゴリ押しする。
30.jpg


さて、次回だが・・・

goroさんのリクエストで、デニム布使ってフラッシュライトのシースを作ってみよう。
31.jpg
仕事で使っている薄汚れたやつを持ってくるのは嫌なのと、予備が欲しいとも思っていたので、
新しいのを作ろう。ただ、そう大したものでもないので気楽に見て頂けたらと思う。

6月22日(金)のアップを予定しているが、数日延びる可能性もある。
悪しからず御了承頂きたい。

今日も御来訪ありがとう。
それじゃあまた次回も御来訪よろしく。

─────────────────────────────────────────

フランちゃんゲット!
32.jpg
33.jpg
雪華綺晶様同様、ちょっとでも粗末にしたら祟られそうで怖いけど。

ポイントはこの翼のクリアパーツ。これじゃないと意味が無い。(キッパリ)
34.jpg

アリス様もゲット!
35.jpg

東方キャラで特に好きな3人の出来のいいフィギュアが揃った。
36.jpg
とりわけ一番好きなチルノちゃん2体。俺はとても幸せだ。
コメント(9) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ボンバスティック・ブラックが安い! [ナイフ]

毎度おなじみシェフィールドさんサイト、その中のCRKTのページ。
http://www.sheffield.rgr.jp/crkt/index.html

皆さん、これに気付いておられるだろうか?もちろん、中国製品嫌いの人は無視してくれていい。
1.jpg

「いくらなんでもこれは間違いだろう。以前もクオーターマスターのエメットを
間違って2万くらいにしてたことあったし。メールで問い合わせしてみよう。」

というわけでメール出したら返ってきた答えが、

*************************************************

ご質問の件ですが、ボンバスティック2モデルの価格はこれで
間違いありません。ブラックの方は卸元が通常より価格を
下げているため当店でもその分お安く価格設定にしています。

*************************************************

とのことだった。

当然即買い決定!

それに、時間にゆとりのある方はメーカーサイト見て欲しいのだが、
ボンバスティックは今現在シルバー・直刃とブラック・半波しか無く、
少なくともメーカーサイトでブラック直刃を買うことはできない。貴重なモデルだ。

ボンバスティックを購入候補に入れてる人は、これに関しては急いだほうがいいように思える。

ブラック直刃が売り切れる可能性、卸元が値段を戻す可能性、いずれもゼロではないはずだ。
コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

CRKT R2801 Over Bore [ナイフ]

完全に俺好みの顔。しかもフルメタル。見た瞬間即買い決定!

CRKT Over Bore だ。
http://www.sheffield.rgr.jp/crkt/R2801_over-bore.html
01.jpg

ブレードはヘアライン、ハンドルはキメの細かいストーンウオッシュでピカピカ。美しい。
02.jpg

ルガーのロゴマークはホログラムになっていて虹色に光る。
03.jpg

残念な点を敢えて挙げるとすれば、完全右手仕様で左利きの人に不向きなことくらい。
04.jpg

クリップは右サイド前方固定。中指のみでホールドする感じ。
05.jpg
クリックストップかなり強めで初動がきつい。
06.jpg
ただ、指の力の弱い俺でもオープン出来るので、男なら特に問題は無いだろう。

左手の場合、何が何でもワンハンドオープンするなら親指でクリップホールド、
人差し指でサムスタッドを引き出す感じ。
07.jpg
08.jpg
09.jpg

クローズは左右どちらの手でも快適だ。
10.jpg

ハンドルにはクセが無く、グリップ感触非常に良好。
11.jpg

俺の手で小指がギリギリ乗る大きさなので、手の大きい人だと余るかもしれない。
12.jpg

クリップの末端は立っているものの、ほんの少しなので手のひらに食い込む感じはほとんど無い。
13.jpg

左手の場合、クリップは指に当たらない。
14.jpg

右手に限るが、サムスタッドが親指にうまく引っ掛かるためエンピツ握りが快適だ。
15.jpg

一方、左手の場合、クリップが邪魔で快適とは程遠い。左手でのエンピツ握りはやらないほうがいい。
16.jpg

ベベルはやや強めのホロウグラインドで、エッジ近くはかなり薄い。
17.jpg

気になる初期刃付けは・・・
18.jpg
おおっと!キター!

砥ぎの完成度100%。このパターン、久々じゃないか?
19.jpg

グラインド精度・組み立て精度共に非常に良好。少なくとも俺には完璧に見える。
20.jpg
21.jpg

ハンドルは肉抜き無しのステンレススチール無垢。重心は俺好みの後ろ寄り。
22.jpg

重量 94g 、全長 176mm 、ブレード厚 2.8mm 、ハンドル鋼板厚 2.5mm 、
ハンドル厚 9.0mm 、クリップ含む 14.9mm

実に素晴らしい。この値段でこれほどのものを作ってくれるとは。
23.jpg
オープン初動がきついこともあるので、俺はこのまま美術品扱いとしよう。
24.jpg
指の力の強い人、ジェントルマンフォルダとしていかがだろうか?


さて、次回だが・・・

これ、行ってみよう。
25.jpg

6月14日(木)から15日(金)にかけての深夜のアップを予定している。

今日も御来訪ありがとう。それじゃあまた次回も御来訪よろしく。

─────────────────────────────────────────

俺は時々これをやらかしてしまう。
26.jpg

ついにネを上げ、対策を立てることに。
27.jpg
28.jpg
29.jpg
よしよし、これで大丈夫だ。

糸に結構な長さがあるので、ティーバッグを引き上げるのも問題無い。
30.jpg
コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Bestech KG04A Warwolf black [ナイフ]

完璧に俺好みの顔で、見た瞬間即買い決定。

ベステックのウォーウルフだ。
http://www.sheffield.rgr.jp/misc01/index.html#BESTECH
01.jpg
こいつは箱にも本体にも生産国の記載が無い。ということは、多分中国製だろうが。

バーコードの国番号はどうだろうと見てみると・・・
02.jpg
12桁だ。これ、国際規格のコードじゃないな。とりあえず、これに関しては放置。

クリップ取り付け位置は右後方のみ。
03.jpg
右手であれば、ホールド性能抜群。
04.jpg

クリックストップ強め、ピボット極めて滑らか。
05.jpg
なので、垂直上向きでもスパーンとオープンする。中途半端に開くほうがむしろ困難。

左手の場合、クリップホールドできないものの、G10は滑りにくく、ピンクの線で囲った部分が
斜めになっているため・・・
06.jpg
ホールド性能に特に問題は無い。
07.jpg

クローズはどちらの手でも快適だ。
08.jpg

ところで、これは俺の想像なのだが、ピボットが滑らか過ぎてオープン時の衝撃が強烈なため、
ロッキングライナーの噛みはわざと浅くしてあるように思える。(これだけの超絶高精度で
ありながら、ロッキングライナーの噛みだけが調整不十分というのは考えにくい。)

なので、ツーハンドでゆっくりゆーっくりとオープンすると・・・
09.jpg
こんな感じになる。
10.jpg
その状態で、こうすると・・・
11.jpg
ガクッとロックが外れる。

しかし、フリップオープンした場合はこれくらい噛み・・・
12.jpg
ブレードバック打ち付けをやってもロック外れは起こらない。
13.jpg
俺は問題無しと考える。

ハンドルにはフィンガーグルーブがあり、指の位置が決められてしまうものの、ほとんどクセが無く・・・
14.jpg
グリップ感触非常に良好。
15.jpg

クリップ先端はやや上向きだが、人差し指・中指の又のところに来るので手のひらには当たらない。
16.jpg

左手の場合も、クリップ先端が指に当たって不快になるようなことは無い。
17.jpg

リカッソから続く平らな部分はキメの細かいストーンウオッシュ。ベベルとスウェッジはサテン。
18.jpg
見事に美しいな。

フラットグラインドだが、エッジ近くは結構薄くしてある。
19.jpg

気になる初期刃付けは・・・おっ!
20.jpg
やや磨き過ぎてつるすべになってる感じはあるが、砥ぎの完成度99.9%といったところ。

ちょっとセラミックで撫でてやればカミソリを凌ぐ切れ味になるだろう。
21.jpg

グラインド精度・組み立て精度共に非常に良好。少なくとも俺には完璧に見える。
22.jpg
23.jpg

ステンライナーは肉抜きしてあるが・・・
24.jpg
ハンドルには結構な重量感があり、ウェイトバランスは俺好みのやや後ろ寄り。
25.jpg

重量 130g 、全長 208mm 、ブレード厚 3.5mm 、ライナー厚 1.8mm 、
ハンドル厚 16.0mm 、クリップ含む 20.0mm

何から何まで文句のつけようがない。こうなるともう、もったいなくて使えない。

このメーカー、品質という点では信頼していいと思う。

中国製品嫌いの人、ライナーロック嫌いの人、軽量ハンドル好きの人を除き、
見た目の好きな人全てにお勧めする。


さて、次回だが・・・

CRKTの中国製品には品質いいものが結構あるが、特にこのルガーコラボのものは一味違う気が。
26.jpg
うーん、他のモデルも欲しくなるねえ。

6月7日(木)から8日(金)にかけての深夜のアップを予定しているが、数日遅れる可能性もある。
悪しからず御了解御願いしたい。

今日も御来訪ありがとう。それじゃあまた次回も御来訪よろしく。

─────────────────────────────────────────

誰だったか忘れてしまったが、芸能人の中に「赤い食べ物は一切ダメ」という人が居たな。

まあ、視覚も重要なファクターだからな。それはそれでしかたがないだろう。

一方、俺はと言うと、赤は食欲をそそる色。(トウガラシは除く。)
27.jpg
赤パプリカとか真っ赤に熟したトマトとか、もうたまらない。
28.jpg

ドレッシングはサウザンドアイランドが好きだが・・・
29.jpg

そこにパプリカパウダー入れて、さらに赤く。
30.jpg
真っ赤だけど、全然辛くないというのがミソ。
31.jpg
真っ赤な野菜サイコー!
32.jpg

とか言いながら、後でこっそりオクラとかキュウリとか食ってるのは内緒だ。
33.jpg
34.jpg
コメント(19) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Elite Tactical 1016DB-SO [ナイフ]

若干の難点はあるものの、俺的にはかなり気に入っている。

エリートタクティカル、1016DBだ。
http://www.sheffield.rgr.jp/misc01/index.html#ELITE
01.jpg

アクシズロックにしか見えないんだが、ラピッドロックと言うそうだ。そう言うならそうなんだろう。(笑)
02.jpg

「これ、アクシズロックじゃないんですか?」
『そんなことありません。ほら、ロックバーの長さがまるで違うでしょう?』
03.jpg
『そもそもアクシズロックなんていうものがあること自体、まるで知りませんでした。』

こういう形態のロック機構のナイフを手にすると、最初にするのはこれじゃないか?
「振り出ししてみて、アクションの良さを確かめる。」
ところがこいつは、振り出ししようとロックバーを引いたとたん、「ずるっ」とブレードが!
04.jpg
と、同時にゴロゴロいうボールベアリングピボット独特の感触。
まあ、斜め前方に30度ばかし傾けていたせいもあるんだがな、それにしてもこの滑らかさ!
ベンチメイドを遥かに凌ぐ。

前々回のGonzoのやつは、動きはさほど滑らかではなく、ブレードを90度くらいにしてロックバーを
引いても特に重力で落ちてくるようなことは無い。まあ、安全っちゃ安全なんだが。
05.jpg
初期刃付けも大したことないため、俺にとっては萌え度が低く、
1本は欲しいが2本は要らないというのが正直なところ。
06.jpg

一方、この1016DBは予想だにしなかったほどの滑らかさで、しかも・・・
07.jpg
ロック解除状態でもブレードの左右のガタツキ全く無し。
08.jpg
そして後で述べるが初期刃付けも良く、これは是非とももう一本欲しい。

俺のコンデジではこれが限界だが、ORBピボットシステムそっくりのボールベアリングが見える。
09.jpg

垂直上向きから、ほんのちょっとだけ前方に傾けてロックバーを引くと・・・
10.jpg
「ずどん!」という感じでブレードが落ちてくる。
11.jpg
なお、この位置からロックバーを離すと閉じる方向にテンションがかかるので、
ブレードの軌道上に小指など置かないよう注意。

初期刃付け良好。砥ぎの完成度98%というところか。
12.jpg
もちろん、タクティカル系なので、ノーブルマンみたいに薄くするようなことはしていない。
13.jpg
ベベルはフラットグラインドで、エッジ近くも結構な厚みを残している。それにもかかわらず・・・

箱出し状態でこの切れ味!
14.jpg

クリップはやや大きめで、右手であればホールド非常に良好。
15.jpg
16.jpg
左右の付け替え出来ないことが残念だ。

振り出し振り入れが快適なので、あまりやる人は居ないかもしれないが、
サムスタッド押し上げオープンも快適。
17.jpg

左手の場合、クリップホールド出来ないので右手ほど快適ではないものの、普通に操作可能。
18.jpg

ハンドルにはクセが無く、グリップ感触良好。
19.jpg
20.jpg
ただし、俺の手でジャストサイズなので、手の大きい人だと小指が余るかもしれない。

クリップ末端は寝ているし、人差し指・中指の付け根に来るので手に食い込まない。
21.jpg

左手の場合、クリップの窪みに中指がうまく嵌ることと、手のひらにクリップが当たらないことで、
グリップ感触だけなら右手よりもさらに良好。
22.jpg

組み立て精度・グラインド精度ともに完璧に近い。
23.jpg

唯一の難点は、ほんのちょっと刃打ちしていること。
24.jpg
しかし、最初の一撃でバックスペーサーのG10が切れてしまっており、二度三度の刃打ちは無い。
25.jpg
エッジに潰れは感じられないが、神経質な人には不向きかな。

ステンライナーは肉抜きされており、ハンドルはあまり重くない。
26.jpg

前々回のGonzoのやつと比較してみよう。
27.jpg

Ganzo Firebird F7041-CF
重量 148g 、全長 202mm 、ブレード厚 3.8mm 、ライナー厚 1.8mm 、
ハンドル厚 13.8mm 、クリップ含む 18.4mm

Elite Tactical 1016DB-SO
重量 119g 、全長 203mm 、ブレード厚 3.2mm 、ライナー厚 1.2mm 、
ハンドル厚 13.4mm 、クリップ含む 17.2mm

中国製品嫌いの人と、刃打ちに対して神経質な人(SOGバルカンのように、
「対処する方法があっても嫌」、このモデルのように「エッジは潰れておらず、なおかつ
二度三度の刃打ちが無くても嫌」という人)を除き、見た目が好きなら買っていいモデルだと思う。


さて、次回だが・・・

これをやってみよう。
28.jpg

5月31日(木)から6月1日(金)にかけての深夜のアップを予定している。

今日も御来訪ありがとう。それじゃあまた次回も御来訪よろしく。

─────────────────────────────────────────

ドニャルド・トリャーンプ!

こんなのを見つけた。
29.jpg

こんなこと書いているが・・・
30.jpg

これのどこがどうトランプなのか、全く分からない。
31.jpg
なので「ドニャルド・トリャーンプ!」と呼ぶことにした。

当ブログに御来訪下さっている、賢明なる御来訪者様方々であれば、わざわざ説明する必要は
無いとは思うのだが、某国の某大統領とは全く関係無い。(そもそも発音がまるで違う。)

それでも「ド」と「ト」と「プ」が合致しているので、「似ているのではないか」と思われる方が
絶対おられないという保証は無いので一応念のため申し上げておく。

「サンリツビスケット」と書いてあるのだが・・・
32.jpg
これがはたしてビスケットなのだろうか?
醤油おかきみたいな味がする。

カンパンの生地に胡麻を入れずに焼いて、醤油ダレと青海苔で味付けしたような・・・

ああ、そういえば、カンパンのメーカーってサンリツだったな。
33.jpg

ビスケットなら、やっぱしアスパラガスビスケットとマリービスケットがいいなあ。
34.jpg
35.jpg
あ、マリービスケット、リニューアルしたね。買いに行くかな。


ドニャルド・トリャーンプ!(こればっかしやな。)
29.jpg
くどいようだが、某国の某大統領とは全く関係は・・・
コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

MAGFORCE #MF-0259 ポケット オーガナイザー [ナイフ]

goroさんに教えていただいた、マグフォースのポケットオーガナイザーを買ってみた。
01.jpg

見た瞬間「おっと!こいつは!」と思ったのが・・・
02.jpg
台湾製だ!
ナイフ趣味に走る以前は"Made in Japan"というのに一番萌えてたんだが、
今では"Made in Taiwan"というのに「おっ!」となる。
台湾製全てが完璧というわけじゃないんだが、どうにも心理的になあ。

大きさはスマホがギリギリ入る程度。
03.jpg
ただ、スマホの場合、特に画面部分がデリケートなので、スマホ専用バッグのほうがいいだろう。
04.jpg

各部を順番に見ていこう。

この部分はベルクロのふわふわしたほうが縫い付けてある。何の目的だろう?
05.jpg
こういうものを付けるとか?
06.jpg
07.jpg

こいつは違うと思う。なぜって、こいつのベルクロも良く見るとふわふわのほうだから、くっつかない。
08.jpg
それとも、ふわふわに見えるのは単に写真の解像度のせいで、実際はジャリジャリのほうか?

ネットポケット入り口はベルクロ留めになっている。
09.jpg
カード類の紛失とか防げるから、これはいいんだが・・・

ふわふわのほうとジャリジャリのほうの位置がずれている。これはちょっと残念。
10.jpg

裏側のこの部分は Molle システムだろうな。
11.jpg

俺の所持品の中で Molle 対応のものはベンチメイドのニムラバスだけだ。
12.jpg

どちらかというと、ニムラバスは腰に付けたほうがいいな。
13.jpg

俺的には、日帰りハイキングにこんな感じで。
14.jpg
ナイフ無しなら街歩き用に。

フラッシュライトは、電池2本タイプのものだとはみ出すものが多い。中に入れるなら電池1本タイプを。
15.jpg

クリップのあるものを選択し、外付けも快適。これなら電池2本タイプのものでもOK。
16.jpg
17.jpg

やめたほうがいいと思うのが、タクティカルペンの外付け。
18.jpg
振動でキャップが緩んで本体が脱落というケースを実際経験している。
俺の場合、幸いにもそれがザックのサイドポケット内側だったため、紛失は免れたが。

ポケットオーガナイザーの外付けだと、こうなることが十分起こりうる。
19.jpg

ナイロンベルトの内側に挿したとて、絶対大丈夫とは言えないはずだ。
20.jpg

まあ、自分のタクティカルペンが可愛かったら・・・
21.jpg

ポーチの中に入れよう。
22.jpg

この部分はキーホルダーだろうか?
23.jpg

この小さなループは用途がわからない。御存じの方は教えて頂きたい。
24.jpg

ここんとこはゴムベルトだな。経年劣化で最初にダメになるのは多分ここなんじゃないか?
25.jpg

そして、ポケットが二箇所と。
26.jpg

俺的に一番重要だったのが、「腰に付けられるか」「肩から下げられるか」だったが・・・
27.jpg
この手提げループを使えば解決。

とは言え、これでは安定悪いし、カッコも良くない。
28.jpg

ホームセンターで普通に売っているナイロンベルトと、必要に応じて接続パーツを買ってこよう。
29.jpg

俺はずっとこれで行くつものなので縫ったが、付け外ししたい人は接続パーツ使用のこと。
30.jpg

肩から下げたい場合、ナイロンベルトと接続パーツ使って自作してもいいが、
ナイロン製腰用ベルトの極太のやつが結構カッコイイし付け外しも楽だ。
31.jpg
登山用ザイルもいいかもしれないが、末端処理が問題になる気がする。
ザイルに接続パーツみたいなものってあるんだろうか?単に「結ぶ」じゃ、カッコ悪いだろ?

機能的な小物入れとして、山に街に活躍してくれるだろう。
台湾製だし、中国製品嫌いの人にもお勧めできる。
アマゾンで何か買い物があるとき、一緒にいかがだろうか?


さて、次回だが・・・

これをやってみよう。
http://www.sheffield.rgr.jp/misc01/index.html#ELITE
32.jpg

一応5月24日(木)から25日(金)にかけての深夜のアップを予定しているが、
多忙なため、一週間延びる可能性もある。御了解頂きたい。

今日も御来訪ありがとう。それじゃあまた次回も御来訪よろしく。

─────────────────────────────────────────

あっ!これは!
http://www.sheffield.rgr.jp/sw/index.html
33.jpg
欲しい欲しいと思っていて、結局手に入らなかったモデルじゃないか!
いきなり2本即買い!

いやあ、毎度のことながらシェフィールドさんに入り浸っているといいことあるなあ。(笑)
コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Ganzo Firebird F7041-CF [ナイフ]

御来訪者様方々によれば、ナイフの世界では結構パクリが横行しているらしい。
ただ、「偽ブランド品」でなければ明確に摘発対象とはならないということか。

中国製アクシズロック、Ganzo Firebird F7041-CF だ。
01.jpg
Ganzo Firebird の製品は、いくつかのショップが Amazon に出品しているが、
時に1万超えのぼったくり価格を付けてるところがあるので注意しよう。

ハンドルはかなり綺麗だ。
02.jpg
アウターはG10にカーボンファイバーシートを樹脂で固めたものを貼り付けているように見える。

2018/05/12 追記
rafe.brainpart さんからコメントが入った。
このハンドルアウターは、Carbon Fiber Reinforced Plastic のようだ。
詳しくは、rafe.brainpart さんのコメントを御参照頂きたい。

クリップはベンチメイドの一部のブルークラスで採用されているものにそっくりだ。
03.jpg

943のクリップは武骨で、出来れば rafe.brainpart さんがやっていたように銀ピカの
おしゃれなクリップに交換したい。F7041-CF のと交換出来ないだろうか?
04.jpg

残念ながら、ネジ間隔が微妙に違う。ベンチメイドのほうが僅かに広い。
05.jpg
だが・・・

F7041-CF は、ネジが太い上に、さらにクリップの穴が大きい。
06.jpg
そのため、クリップを横から押してやると、このように幾分泳ぐ。

なので、F7041-CF のクリップを無理矢理 943 に取り付けることは可能だ。おお!
07.jpg
ところが・・・

943 のクリップは、ネジ穴が小さくて F7041-CF のクリップ留めネジが通らない。
08.jpg

F7041-CF は、ハンドルが滑るのでクリップ無しだとホールド性能が悪くてやってられない。
09.jpg
クリップ交換は諦めよう。

アクシズロックの御多分に漏れず、クリップを左サイドに付ければ左利き用に。
10.jpg
11.jpg

ロックバーは、ベンチメイドのそれより短いし・・・
12.jpg

ピボットのスムーズさも、ありきたりのライナーロック並みなので、
ベンチメイドの各モデルほど快適ではないものの、一応振り出し振り入れは可能だ。
13.jpg

グリップ感触はかなりいい。
14.jpg

ベベルはフラットグラインド。ブレードの表面仕上げも美しい。
15.jpg

砥ぎの完成度は 80% というところか。
16.jpg
ただ、エッジは鋭角なので、さらに切れ味を良くするのは難しくはないだろう。
17.jpg

組み立て精度は完璧。
18.jpg
ブレードのグラインドは先端 2cm くらいが僅かに右寄りだが、この値段でこれなら上等だろう。

ステンライナーは肉抜き無しでハンドルは重いがブレードも重いのでウエイトバランスは中庸。
19.jpg

重量 148g 、全長 202mm 、ブレード厚 3.8mm 、ライナー厚 1.8mm 、
ハンドル厚 13.8mm 、クリップ含む 18.4mm

中国製嫌いの人と軽量ハンドル好きの人を除き、見た目が好きなら買っていいモデルだと思う。

俺的にはフルメタルのやつも出してくれると嬉しいんだが。


さて、次回だが・・・

これを取り上げてみよう。
20.jpg
おっと!こいつは・・・

5月17日(木)から18日(金)にかけての深夜のアップを予定している。

今日も御来訪ありがとう。それじゃあまた次回も御来訪よろしく。

─────────────────────────────────────────

やっぱし東方キャラの中ではこのコが一番好きだなあと思う今日この頃。
21.jpg
22.jpg
23.jpg
24.jpg
うんうん、やっぱしチルノちゃんが最高だよ。一番かわいいよ。
俺は決して君のことをバカとか⑨とか言わないよ。
コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

たれ漬けラム肉と野菜の炒め [食べ物]

あー羊肉食いたい羊肉食いたい。

牛肉・豚肉・馬肉・羊肉・鶏肉の中でどれが一番好きかと聞かれれば羊肉と即答する。

東北北海道地区だとざらに売ってるのに、なんで関西では売ってない。

このさい何でもいいから羊肉・・・と思っていたら、願い天に通じたか。
関西スーパーでこんなのを発見。
01.jpg
普段売ってない商品なので、ゴールデンウイークのスポット商品か。
とりあえず、ガッツリまとめ買い。

たれ漬けのやつは結構しょっぱいので野菜と混ぜる。俺の十八番は人参とキャベツ。
あと、硫化アリルが苦手なので玉葱は使わないが、かなり合うはずだ。

この人参は皮が薄くて柔らかい。このままいっとこう。
02.jpg

キャベツの葉芯は薄くスライスすれば美味しく食べられる。
03.jpg
04.jpg

先に人参とキャベツの葉芯を炒め、数分後にキャベツの葉を合流させる。
05.jpg

羊肉は水気が多いので、野菜と別々に炒めることが特に重要だ。

生の羊肉はジンギスカン鍋や網焼きで水を落としながら焼くのがいいんだが、
たれ漬けのやつはタレまで流れてしまうのでお勧めしない。
06.jpg
岩手の小岩井農場では網焼きだったな。あれは旨かった。またいつか行きたいものだ。

これは炒め始めだが、加熱を進めていくと・・・
07.jpg

こんなに水が!
08.jpg
野菜を一緒にしたらいけないわけがわかるだろう?
野菜が煮えてしまって軟らかくなってしまうんだ。
羊肉と合わせて旨いのはシャキシャキの炒め野菜であり、煮て軟らかくなった野菜は旨くない。

水が多いうちは強火、水が少なくなるにつれて中火、弱火と火加減を調整していく。
09.jpg
これくらいになったらOKだ。
たれ漬けラム肉の初期重量は350gだが、この状態だと200g。
なんと!余計な水分が150mlもあるんだ。

この段階になって初めて先の野菜炒めを合流させる。
10.jpg

塩加減は野菜の量で調整しよう。

しょっぱいおかずでガッツリ飯を食いたい人は野菜を少な目に、
飯少な目でおかずをガッツリ食いたい人やビールに合わせるつもりなら野菜多めで。

俺の場合、人参1本、キャベツは外側の大きい葉に換算して3枚。
11.jpg
どんぶり飯400gに豪快に盛り付ける。

飯に全然水気が行ってないだろ?これくらい水気を飛ばさないと旨くないんだ。
12.jpg

生の羊肉、ネット通販で取り寄せようかなあ。
コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Kershaw 1750 Lahar (過去記事リバイバル) [ナイフ]

だいたいメーカーサイトの写真はたいしたことないものが多い。
メーカーサイトを見て買うかどうか決める人も居るはずだから、
素材の感じが判る写真を撮るべきだと思うのだが。
これもそのひとつ。あまり期待せずに取り寄せ依頼し、現物見たとたん、あわてて追加注文したもの。
(そのときはまだシェフィールドさんでは出品されておらず、メーカーサイトの写真しかなかった。)

実に実に素晴らしいナイフ。
カーショウ、ラハールだ。
00.jpg
この写真はナイフショップ・シェフィールドさんのもの。使用許可はもらってある。
まずはこの綺麗な写真を楽しんでくれたまい。
ブログの仕様で、大きい写真は右側が削られるが、写真をクリックすると全体を見ることができる。
いつも思うのだが、照明の感じが非常に良く、素材の質感を出すのが上手い。

質感の出し方はシェフィールドさんにかなわないので、カーショウの綺麗な箱を一緒に撮ってみた。
01.jpg

Product of Japan 。日本製だ。貝印にこういうナイフの生産ラインもあることは知らなかった。
02.jpg
貝印はガキの頃から知っているメーカーだ。
爪切りとかカミソリとかに帆立貝のマークがついていたのを覚えている。
そして、ナイフに夢中になりだした 2006年、すでに貝印とカーショウはくっついていた。

俺は年期が浅いので、貝印とくっつく前の昔のカーショウを知らない。
他の人の話だと「あまりたいしたことなかった」らしいが。
※注釈:この点について、又三郎さんよりコメントあり。貴重な情報なので転載させていただく。
(改行位置に少し手を加えさせて頂いた。)

*******************************************

古いカーショウを幾つか持っていますが、大した事なかったとは思えません f^_^;
ただ、当時のカーショウは実用一点張りな印象で、ハンドル材などもいち早くラバーを用いたり
ステンハンドルにウッドインレイを用いるなどコストダウンに積極的だったため、
あまり使わない人から見ると、他のメーカーと比べて「安っぽい」印象は
ぬぐえなかったかも知れませんね。(実際安かった)
でも使ってみるとどれもいいナイフでしたよ(^^)ノ
初期刃つけは他社よりよほどみごとで、切れ味もよく、当時としてはかなりいい部類でした。

*******************************************

「たいしたことない」と感じたのはコレクターなんじゃないか?
実用一点張りのものはコレクターにとっては正直言ってあまり面白くないからな。

ブレードはぴっかぴかでめちゃくちゃ綺麗。G-10ハンドルのタクティカルナイフ風の味付け。
キック部分が背中に大きく出ていてフィンガーフリップがやりやすい。
アクションは滑らか。オープン時の音もいい。
03.jpg
04.jpg
05.jpg
06.jpg
07.jpg
ただ、この滑らかさというのは、SOG Vulcan とか CRKT M21-04 みたいな滑らかさではない。
キックを押しただけでは60度くらいしか出てこないし、フルオープンするためには
結構大きく手を振る必要がある。
セベンツァにちょっと似てるかな。グリースのにゅるーんとした感じ。決して嫌な感触ではない。

初期刃付け抜群。グリップ非常に良好。精度まずまず良好。オープンクローズ楽々。
ただ、左手での使用はと言うと、ロッキングライナーのテンションが強い関係で
ロック解除がやや辛い。右手専用と思ったほうがいいだろう。

とにかく、初期刃付けがハンパじゃない。
自分で砥ぎをやる人なら分かると思うが、きちんと砥いだエッジに指で触れると吸い付くような感じがある。
ヘタすると、そのまま「すっ」と肉に入ってきそうな。
こいつは最初からそうなってる。
鋼材は VG-10 。スパイダルコが好んで多用してるやつだな。カーショウでは、あまり多くない。

この当時のカーショウは中国製モデルが少なく、今現在よりもやや高級感があった感じがする。


さて、「写真上詰め、文章下詰めの読みづらい記事」を一気に片付けようと思っていたんだが、
ヤフブロ見てみると結構な数があり、このまま続けていると夏の休止期間に突入してしまいそうだ。
なので、過去記事リバイバルはちょっと停止し、次回からは新記事アップしたいと思う。
ただ、その数はあまり多くはないので、順番はあまり気にする必要は無いだろう。

次回はこれをやるつもりだ。
08.jpg

5月10日(木)から11日(金)にかけての深夜のアップを予定している。

今日も御来訪ありがとう。それじゃあまた次回も御来訪よろしく。
コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

特殊警棒 (過去記事リバイバル) [ナイフ]

さあ、ひさびさにまた過激な内容になるぞ。苦手な人はスルーよろしく。


今日は護身具としての特殊警棒などについて考えてみよう。

何種類も売られているので、いざ買うとなると迷うところだろう。
ナイフマニア、武器マニアなら一通り全部買い、で決まりなんだが。
特殊警棒の場合、一番大きな違いはハンドル(内部は鉄で共通なので外側)の素材と感じる。
大きさに関しては、飾って楽しむ分には大きいやつが迫力あっていいんだが、
実用(自宅内での護身具)的には短いほうがいいと思う。

その1。軟質プラスチック製。塩化ビニールではないかと思われる。
01.jpg
グリップまずまず良好。ただ、手が濡れてると滑りそうな感じだ。寿命は一番長いのではないだろうか。

その2。スポンジ状ゴム製。
02.jpg
握り心地は最高。しかし汗や水を吸って雑菌が繁殖すると臭くなるだろう。寿命は一番短そうだ。

その3。ゴム製。
03.jpg
握り心地は結構いい。滑らないという点では最高レベル。寿命は中程度と思われる。

その4。オート警棒。ハンドルは軟質プラスチック製。塩化ビニールではないかと思われる。
04.jpg
とにかく面白い。飛び出すのが刃物ならオートナイフということになって、日本では所持禁止だが、
鉄棒なら違法ではないわけだ。
ただ、飛び出しを制御するスイッチレバーのせいで、グリップ感触は四種の中では最低。

まあ、どれも一長一短だな。完璧ってのはなかなか難しいってこった。

大抵のものに写真のようなシースがつく。たまにシース無しのものもある。
05.jpg

さて、こういう特殊警棒を護身用として携帯したらどうなるだろう?刃物じゃないから問題無しか?
いやいや、それについて少し前に気になるニュースを見た。

ある人が、深夜、夜間金庫に売上金を入金するために護身用催涙スプレーを携帯していたが、
それがあるとき、警察の職務質問に遭い、「武器携帯による軽犯罪法違反」で逮捕された、と。
覚えている人もいるだろう。
結局、裁判では「現金運搬という正当な理由があった」ということで無罪になったが、
注目して欲しいのは、護身用催涙スプレーでさえ警察は武器とみなしてくるということだ。

御存知と思うが、護身用催涙スプレーは致命傷を与えることは決して無く、後遺症も残らない、
危険度のかなり低いものだ。特殊警棒となれば、確実に武器扱いされるだろう。

やっかいな問題だ。「護身」ということにおいて、一番障害になるのは警察なんだ。
こういう例もあった。駅のホームで暴漢に襲われ、反撃して殴り倒したら傷害罪で逮捕された、と。
全くやりきれない。襲われても反撃するなということか?黙って殺されろということか?

そんなわけだから、この特殊警棒を護身のために持ち歩くことは到底お勧めできない。(警備員を除く)
持ち歩くなら、写真6のコールドスチール製、ポケットシャーク、シャーキーがいいと思うのだが、
警察官によってはこれも武器と見なしてくる可能性もあるという書き込みを見た。
06.jpg
その場合、とにかく「護身用」という言葉を絶対使わないことが重要とのことだ。

完全に目撃者ゼロならヤっちまってもいいが、他に誰かいるような場合はガツンとやった後、
逃げに徹しよう。

ここまで読んでもらって、「なんだ、特殊警棒ってただのコレクションアイテムにしかならないのか」と
思った人もいるかもしれないが、そうでもない。

自宅で使えばいい。

めったにないが、全く無いとも言い切れず、もしあると甚大な被害を被る暴漢の侵入。
特に単身女性の場合は、「めったにない」じゃないだろ?時々新聞に載ってるじゃないか。

一番いいのは、写真7・8のスパイクなんかで一撃のもとに葬り去ることなんだが、ただ、
刃物でヤる場合、血が飛び散るというどうしようもない欠点がある。
07.jpg
08.jpg
この点にどうしても抵抗のある人も居るだろうし、俺でも大切なナイフのコレクションのパッケージが
汚れたりしたらたまったもんじゃないと思う。

こういうことを書くと、「人の命よりナイフのパッケージのほうが大事か」なんつう綺麗事を言うヤツが
居るだろうが、当たり前だろう。
悪党なんざゴキブリ以下ダニ以下だ。ダニよりナイフのパッケージのほうが大切に決まってる。

というわけで、血に抵抗のある人や、たまたま近くに大切なコレクションがあるという場合などに
お勧めなのが特殊警棒だ。

長いの短いの色々あるが、俺は短いほうがいいと思う。その理由だが、
1.結構重いので、ナイフなどよりはるかに手首に負担がかかる。
2.室内で使うとなると、よほど大きな部屋でない限り、あまり長いのは使いづらい。
3.長いものは熟練者でない限り大振りになって隙が出来やすい。
4.長いと連打しにくい。(後述)
というわけで、短いものをお勧めするが、それでもどうしても長いのを使いたいという人は、
十二分に練習したほうがいいだろう。ただし、家具を壊さないよう、注意。

一般的なものは、このように力を込めて振ることで伸ばす。
09.jpg
10.jpg
振り方がゆるいとしっかりロックされないので注意。戻すときは先端を硬い地面に打ち付けるが、
玄関などでやる場合は床を傷つけないよう、ボール紙を敷いたほうがいい。

オートマチックの場合はトリガーを押すだけだが、いざというとき失敗しないよう、時々練習しておこう。
11.jpg
12.jpg
リリースするときは、あわよくば暴漢の目を狙い、失明させよう。

さて、ナイフと違って警棒では一撃で致命傷を与えることは難しいから、打って打って打ちまくる。
このためにも長いものより短いもののほうがやりやすい。短いものでもかなりの威力がある。
反撃されたらたまったものではないので、とにかく暴漢が完全に動かなくなるまで頭めがけて打って打って打ちまくる。ヘタに半身不随にしたりすると、後で一生面倒をみなければならないみたいなことになりかねないので完全に息の根を止めたほうがいい。後の警察の事情聴取には「とにかく怖くて怖くて無我夢中でした」と言っておこう。向こうは不法侵入の暴漢で、こっちは前科無しの被害者だから、過剰防衛で殺人罪が適用されたとしても執行猶予がつくはずだ。

通常は1~2本あればいいと思うが、武器マニアならコレクションするのも面白いだろう。
13.jpg
あと、華奢な女性のように、腕力の弱い人の場合は剣道の竹刀を持つような感じで両手で持つとか、
あるいは片手でグリップを、もう一方の手で警棒の真ん中付近を持つなどするのがいいだろう。

警棒についてはここまでにして、次にスタンガンについて考えてみよう。

俺はスタンガンはあまり買う気がおきない。

理由は、
1.致命傷を与えられない。
スタンガンは乾電池で数万ボルトの電圧を発生し、その衝撃で相手を怯ませるものだ。
考えてみよう。わずか数ボルトの乾電池で数万ボルトの電圧を発生するのだ。
その代償として電流が限りなくゼロに近くなる。
「感電させる」というよりは「電圧で筋肉に急激な痙攣を起こさせ激痛を発生させる」だけであって、
これではいくらがんばっても致命傷は与えられない。
護身用催涙スプレーでさえ、先に書いた通りだから、これを外に持ち出すと武器とみなされる。
となれば、自宅内で使うことになるが、こんなすぐに敵が回復してしまうようなものでは意味が無い。

2.攻撃レンジが短い。
攻撃レンジの短さでは小型ナイフ以下。さらに厚い服の上からでは効果無し。
これではどうにもこうにも。

3.常に電池や動作のチェックをしておかないといけない。
これまためんどくさい。しかし、いざというとき「電池切れてました」じゃハナシにならない。
電気がバチバチいうのは科学実験としては面白いが、
とても武器として採用したくなる類のものではない。

最後に催涙スプレー。
現金輸送などの理由がなければ、これまた屋外には持ち出せない。
しかし、こんなものを室内で噴射したら、こっちまでやられてしまう。
また、これまた致命傷はあたえらない。なので却下。
ただ、山などで野犬を撃退するのにはいいかもしれない。
ただ、野犬からこちらに向かって強い風が吹いているときなどは使えない。
まあ、野犬をやっつけても殺人罪は適用されないし、山の中では銃刀法の縛りも緩いから、
野犬の居そうなところにはマシェットを持っていくのもいいかもしれない。

次回からはカーショウからいくつかやっていこう。
1回目はラハールの予定だ。

今日も御来訪ありがとう。それじゃあ、また次回も御来訪よろしく。

─────────────────────────────────────────

小腹がすいたときとか、夜食などに永谷園のお茶漬け食べる人は多いのではないか?
14.jpg

そんな人の中で、まだやったことのない人にぜひ試して欲しいのがのりたまで湯漬け飯。
15.jpg

永谷園のお茶漬けに比べると塩分控えめなのでたっぷりかける。
そしてお湯は控えめにして、おじやみたいな感じに仕上げるのがコツ。
16.jpg
見た目はあまり良くないが、旨いので一度試してみて欲しい。

ところで、永谷園のお茶漬けシリーズ、たらこ茶漬けが一番好きなんだが、
数年前から見かけない。関西全体なのか、俺の近所のスーパーだけなのか。
17.jpg
関西で見かけないものは他にもあって、生のホッキ貝とか生のホヤとか、
まあこれは鮮度維持の問題でしかたないと思うが、納得いかないのが中濃ソースとマトン。
中濃ソースはウスターソースととんかつソースを半々に混ぜればできるが、
なんでマトンが売ってない?ああ、東北・北海道に羊肉食いに行きて~。
(↑なるべく歳とった羊が旨いんだ。)

それはともかく、たらこ茶漬けだ。売ってないならしかたない。
永谷園のたらこ茶漬けより旨いやつを作ってやろう。

永谷園のお茶漬けシリーズは、基本、飯100gだが、ここでは200g用意。
18.jpg
こんもり盛り付ける。

たらこ(もしくは明太子)の薄皮は切る。ほぐしやすくするためだ。
19.jpg

濃縮めんつゆと醤油で調味。良く混ぜる。
20.jpg

飯のドームのてっぺんに盛り付ける。
21.jpg

刻み海苔を散らす。
22.jpg

たらこや明太子やイカの塩辛が煮えると嫌なので、お茶は冷たいどんぶりに叩き付けて冷ます。
23.jpg
熱々が好きな人は予めどんぶりを熱しておくというパターンになるだろうが。

旨いぞ!お試しあれ!
24.jpg
コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

BLACKHAWK Crucible & Silent Partner (過去記事リバイバル) [ナイフ]

今日はバリバリの戦闘用ナイフと、攻撃型ジェントルマンフォルダをひとつ。

ブラックホークのクルーシブルとサイレントパートナーだ。

このオリジナルのクルーシブルは既に廃番でメーカーサイトからも消えてしまっている。
01.jpg
今出ているのは、リーズナブル価格の Crucible II 。
http://www.sheffield.rgr.jp/misc_tac/index.html#BLACKHAWK
オリジナルのメーカーサイトページには「最も恐ろしいナイフのひとつだ」とか書いてあったが、
II には書いてなかった。

サイレントパートナーも既に廃番。メーカーサイトからもシェフィールドさんサイトからも消失して久しい。
02.jpg

クルーシブルはクリップが4箇所に付け替え可能だ。
03.jpg
また、サムスタッドが焼いた鉄みたいな感じで、赤い目をしているのが特徴だ。
これがまた凄みを加えている。
あと、ハンドルのフィンガーグルーブは、特に計算されたものではないような気がする。
初期刃付け抜群、精度抜群、グリップまずまず良好、オープンクローズ非常に快適、
廉価版のクルーシブルIIもこれに近い性能は持っている。

サイレントパートナーはフィンガーフリップが非常に快適。
04.jpg
中国製で、特に最近のものでもないにもかかわらず、初期刃付け抜群、精度抜群、グリップ良好、
オープンクローズ非常に快適。
なお、正確に測ったわけではないが、エッジが標準的な40°よりもやや鋭角な感じで、
ほんのちょっと砥いでやるだけで凄まじい刃がつく。
ただ、それゆえ乱暴な扱いには弱いと思われ、アルミ缶なんかをガリガリ切ることは
到底お勧めできない。
平常はジェントルマンフォルダらしく、レターオープン等、優しい使い方をしよう。
見ての通りオープン時クローズ時共にサムスタッドがハンドルにぴったりくっついて
ガタつき発生を防いでいる。

共に精度良好。
05.jpg
サイレントパートナーは2本並べたため、写角が垂直でなくなってしまった。すまない。
06.jpg
どちらもクローズ時にはブレードがハンドルのど真ん中にぴったり収まっている。

クルーシブルはどっしりとした安定感と頑丈さを感じる。頭蓋骨さえぶち抜けそうだ。
07.jpg

サイレントパートナーはオープンが非常にクイック。さらに順手から逆手へのターンも早い。
08.jpg
09.jpg
二刀流のさいの左手用武器としても好適だろう。

クルーシブルのパッケージの絵が結構面白い。こういうパッケージは他に見たことが無い。
10.jpg
御覧の通り、クルーシブルの設計図だ。
ブレードに穴があり刃付けされていないトレーニング用もあったことが判る。
さらに文字を良く見ると「ブレード ATS-34」「D-4.5 ブッシング」・・・日本語だ!

ナイフ本体を良く見ると、ブレードの付け根に「SEKI JAPAN」の文字が。
11.jpg
日本製だったのか。そういやサムスタッド形状がGサカイの旧タイプに似ている。
Gサカイ/コールドスチールがいいタクティカルナイフを作るのは知っての通りだ。これもそうかもな。

追加写真1・2。又三郎さんからいただいたコメント「このずんぐりむっくりでマッチョなデザイン、
なんとなくスパイダルコ・ネイティブを思い出してしまいました(゚ー゚ゞ」。
12.jpg
13.jpg
ああ、そう言われてみれば・・・。
気になったので比較写真を載せてみた。
ありゃ?大きさがあまり違わない。ネイティブって意外にでっかいんだなあ。
ブレードのグラインドやスウェッジの付け方が良く似てるなあ。
ちなみに俺はこういうずんぐりむっくりな顔が結構好きだ。
これ以外ではカーショウのサイクロンとか、ガーバーのアスペクトやファティとかな。

さて、今日で M.O.D とブラックホーク、ひとまず終わり。

次回はちょっと気分を変えて、特殊警棒をやってみよう。

今日も御来訪ありがとう。それじゃあ、また次回も御来訪よろしく。

─────────────────────────────────────────

関西スーパーのバター売り場にこんなのがあったので買ってみた。
14.jpg
コンデンスミルクとか好きだし、こんなの見せられて我慢できるわけがない。

人工甘味料が入っているのがなんとなく嫌だが・・・
15.jpg
ただ、人工甘味料使わずに砂糖たっぷり入れるのと、人工甘味料使って砂糖の量減らすのと、
どっちが身体にとってマシなのかと聞かれると、正直言ってわからない。
関口宏氏みたいに「甘いもの大嫌い」というのが一番いいんじゃないかという気がする。

パッケージも中のクリームもとても美しい。
16.jpg
17.jpg
えーくそ、めっちゃ旨いじゃないか。また買ってしまいそうだ。
18.jpg
味はホイップクリームとバターを足して2で割った感じ。

あと、スパークリングアップルワイン(シードル)発見。
19.jpg
度数は低めで、僅か3度。

俺の好きなこのワインが11度なので、3度なら1瓶(200ml)飲んでも大丈夫かな?
20.jpg

香り、味、共にりんごジュースと白ワイン混ぜたような・・・
21.jpg
ああそうだ!アップルタイザーに似てる。
22.jpg

酒に弱いくせに、こんなのを好んで食べるから、余計にワインが飲みたくなるんだろう。
23.jpg

あー、でっかいゴブレットになみなみとついでガブ飲みしてみたいなあ。
24.jpg
コメント(20) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

M.O.D Caracara , BLACKHAWK Garra (過去記事リバイバル) [ナイフ]

ホークビルブレード。
用途が狭く、戦闘に使うには難しい。だが、時に抜群の性能を発揮することがある。
あくまでも俺の考えだが、そのホークビルブレードを持つフォールディングナイフの
最高峰と言えるのが・・・

マスターズ・オブ・ディフェンスのカラカラ、ブラックホークのガーラだ。

M.O.D の箱は場所を食うが、ディスプレイとしてはなかなかカッコイイ。
garr01.jpg
ハンドル裏側のクリップで台紙に固定するようになっているので、輸送中にナイフが傷むことが無い。

ブラックホークのパッケージングはコンパクト。スポンジが入っていて、輸送中のナイフの傷みを防ぐ。
garr02.jpg

4本並ぶと壮観だな。見ての通り、カラカラとガーラは基本的な形は全く同じだ。
garr03.jpg
ブレード鋼材はどちらも S30V 。
ハンドルはカラカラがチタン、それに G-10 もしくはカーボンファイバーがオンレイ。
ガーラはアウターがG-10で、ライナーはチタンのようだ。
精度良好、ただしガーラの1本はロッキングライナーの噛みが甘くてガタがあり、バラして調節した。
初期刃付け抜群、オープンクローズスムーズ、グリップ絶妙!

クリップはこの通り、前方と後方に付け替え可能。クリップの金属板はチタンのようだ。
garr04.jpg
前方取り付けと後方取り付けのどちらがいいかは一長一短。
バックロックみたいにオープン時にテンションがかかるものは断然後方取り付けが快適だが。

とにかくこのハンドル形状が絶妙だ!
garr05.jpg
garr06.jpg
それでなくてもフィンガーグルーブってのは難しい。ヘタにつけるとかえって握り心地が悪化する。
ところがこいつらはどうだ!順手のみならず、逆手でも最高のグリップを約束してくれる。
さらにハンドルエンドは返しがついていて、すっぽ抜けを防いでいる。
グリップが物凄くいいナイフは手の一部になったような錯覚を覚えるが、
特に顕著なのがカラカラとガーラ、そしてエマーソンの CQC-15 、カーショウの Oso Sweet 等。

なお、カーショウは 2013年6月あたりに大幅な品質低下が起こっている。
最近は回復傾向のようだが、品質低下直後の粗悪なものがまだ残ってないとは限らない。
購入の際は注意して欲しい。

ホークビルでの攻撃の要はスラッシュだ。
garr07.jpg
切っ先が深く深く入ろうとするから、ワンスラッシュでほぼ確実に大きな切り傷を負わせることができるだろう。首を切れば一発だが、手や足の筋を切れば敵の動きを完全に止められるだろうし、胴体を袈裟切りすれば激痛で動けなくなるはずだ(内緒モードの来訪者様からいただいた海外での実話)。腹を掻っ捌けば内臓が飛び出すかもしれない。

逆に突き刺し攻撃やスナップカット等はほとんどアテにならないから長期戦は不利だろう。「スラッシュ以外は怖くない」と悟られたら一気に不利になる。なのでホークビルの使い方は、突然敵の前に姿を現し、一瞬のうちにケリをつけるというやり方になるだろう。その点で「羊たちの沈黙」のレクター博士はホークビルの長所を生かしたやり方をしていると言える。

レクター博士は軍人ではないので、カラカラやガーラよりもハーピーのほうが不気味に似合っていそうだ。
レクター博士は武器選択においても、きちんと TPO をわきまえた人と言えるのではないだろうか?

さて、自分に一番似合ってる武器は何か、考えてみるのも面白いんじゃないかな?
俺の場合は、鏡の前で色々やってみた限りでは銀ピカのバタフライが一番似合っている感じがしたが、
ただ、バタフライナイフは動きそのものが美しいため、誰が振ってもカッコイイという可能性も。(笑)

次回はサイレントパートナーとクルーシブルを一気にやってしまおう。

今日も御来訪ありがとう。それじゃあ、また次回も御来訪よろしく。

─────────────────────────────────────────

21.jpg

うまく引っ掛かることを期待して、「ロシアの方の宣伝書き込み専用記事」を立ち上げたのだが、
その後ぷっつり。

伊達や酔狂で迷惑書き込みしてるわけじゃないだろう。さっさと書き込みしてこんか。

「ゴキブリホイホイ仕掛けたのに、ただの一匹もゴキブリが引っ掛からない!」、その悔しさは
経験した者でなければわからない。

賭けてもいいが、「ゴキブリホイホイや直接攻撃を好む者」(俺がそうなのだが)は、
ゴキブリが嫌いであっても絶滅して欲しいとは思っていない。


なんで書き込みして来ないんだ?

一体俺が何をしたと言うのだ?何か気に障ることでもしたか?

ああそうだ。向こうにも休憩時間は必要だろう。きっと休んでいるだけだ。

気を取り直して、もう一度「ロシアの方の宣伝書き込み専用記事」を立ち上げよう。

そうだそれがいい。今度こそきっと掛かるはずだ。
コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ロシアの方の宣伝書き込み専用記事 [コンピューターとインターネット]

21.jpg

前のふたつの記事のコメント投稿欄は一週間か十日ほどで潰すが、
ここのコメント投稿欄をそのまま残しておけばここに入れて来るんじゃないか?
まあ、一種のネズミ捕り、あるいはゴキブリホイホイみたいなもんだ。(笑)

(どうせ日本語なんてわからんだろ。)(笑)

飽きてきたら記事そのものを潰すので、日本の方はコメントしないこと推奨。

あ!そうだ!
確か昔、007の映画で「ロシアより宣伝書き込みを込めて」っていうのが・・・
あれ?
違った?
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ロシア語の迷惑コメントについて [コンピューターとインターネット]

最近ちょくちょくコメント欄に変なロシア語の宣伝書き込みがある。

色々試してみて、次のようなことが推測できた。

1.最初の設定(どの記事にコメントを入れるかということ)は人間がやっているようで、
自動投稿プログラム自らが記事を探すことはできない。

2.投稿する記事のURLを設定したら、その後は自動で勝手にやる。
画像認証↓も読み取れるようであり、ここをちょくちょく変えても意味が無い。
21.jpg
(ここを複雑な文字列にしても、それを読み取れるロボットには何の効果も無く、
御来訪者様の投稿がめんどくさくなるだけなので、簡単に 111111 にしておいた。
なお、これを無しにする設定は出来ないようで、オフにしても御来訪者様は
入力しなければならず、オンにするとブログ主も入力しないといけない、というふうになっている。)

なので、今後は次のようにしたいと思う。

1.新たに記事アップしたときに、そこにロシア語の迷惑コメントが入ってくるのはしかたがない。
それはその都度削除する。

2.新記事アップから1週間くらい経つと、正規のコメントが入ってくることはほとんど無くなるので、
「もう新たなコメントは無いな」と感じたところで投稿欄を潰す。
(既に入ったコメントを閲覧は出来るが、新たな投稿は出来ないようにする。)

3.左側の「最新記事一覧」から、近直20個の記事には簡単にジャンプできるが、
それ以前の記事についてはたどり着くのに一手間かかるので、過去記事20~40個くらいの
投稿欄を潰す。(既に入ったコメントを閲覧は出来るが、新たな投稿は出来ないようにする。)

ここからは御来訪者様方々への御願いなのだが、急ぎの御意見御質問がおありの場合は、
とりあえず、ヤフブロ側のコメント欄やゲストブックの御利用を御願いしたい。

以上、よろしくお願い申し上げたい。
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

M.O.D Duane Dieter CQD Mark I ,Mark II (過去記事リバイバル) [ナイフ]

タクティカルナイフの最高傑作と言い切っていいだろう。
マンガチック、あるいはSFアニメの秘密兵器みたいなこのフォルム。
一目見た瞬間に惚れ込んだ。

ディーターマークI 、マークII だ。

フォルムが面白いだけじゃなく、使い心地も非常にいい。
実際、マークI はアメリカ軍で正式採用された実績がある。(アメリカ海兵隊だったか?)
精度抜群、初期刃付け抜群、オープンクローズスムーズ、グリップ非常に良好。素晴らしい出来だ。

これについては面白い記事があるので紹介しておこう。
まずは michi nakayama さん
http://blogs.yahoo.co.jp/michinakayama2007/28864573.html
引用:とにかく、コレクション用としては異質な、人食い機械みたいな飛び出しナイフで、
   インパクトは大きいです。アメリカンから攻撃的な飛び出しナイフを選ぶとしたら
   ベスト5には入ると思いますが、凄みを通りこして、やや狂気を感じます・・。
「人食い機械」「狂気」いいねえ、いい表現だ。俺の好みだ。
オートっていうのがうらやましいな。日本では銃刀法なんていうくだらない法律のために手に入らん。
反論覚悟で言うが、銃刀法はくだらん法律だ。あれをきっちり守っているのはマジメな奴だけで、
またマジメな奴は銃刀法なんか無くても人殺しなんかやらない。
悪い奴は銃刀法があっても包丁とか猟銃とか持ち出して殺人事件起こしていることは
ニュースで知ってる通りだ。
ヤクザの中には拳銃を持ってる奴も多いだろう。実効性が全く無い。まさにザル法。

次に Nobo さん。
月刊Nobo Magazine という面白いサイトを立ち上げていたんだが、既に消失。残念。
「世間ではデカ過ぎるとか言われてるけど、オレの手にはジャストフィットでナイツと並んで、
サイコーに気に入ってる。」
うん、俺もこのハンドル、デカ過ぎるとは思わない。
むしろマーク II がタクティカル用としてはちょっと小さい気がする。

マーク I に限っては、M.O.D のバカでっかい箱も無駄じゃない。
01.jpg
02.jpg
実に戦闘向きな感じがするが、面白いのは Nobo さんも書いている通り、ヒルトが四つあるため、
写真4・6のようなスキャンドゥ的な持ち方でも非常に安定する。
03.jpg
04.jpg
05.jpg
06.jpg
首をブスッとやるならこっちのほうがいいだろう。
たびたび言うが、刃を横に寝せてアバラの間を通して正確に心臓を狙うなんて不可能だ。
約1/2の確率でアバラに当たって止まってしまう。
心臓を狙うならタントーを縦に使ってアバラを押し切りつつ狙うのがいいだろう。

パラコードカッターは、ヒモ切りに便利。
07.jpg

自動車の窓ガラスも簡単に破れるピンスパイク。
08.jpg
09.jpg
これなんだが、別にこのナイフでなくてもいいから、自動車に乗る人は緊急脱出用に
窓ガラスを破れる道具を持っていたほうがいい。
「海につっこんだりしないから大丈夫」じゃない。
いつだったか、水害で自動車が立ち往生、水位はどんどん上がってくる、水圧でドアは開かない、
パワーウインドウのため、手動で窓も開けられない、結局、車内から携帯電話で娘に宛てた言葉
「おとうさん、もうダメみたいだ」が最後の言葉だったという、あのニュースが俺は忘れられない。
あの人がナイフマニアだったら(いや、ナイフマニアでなくても窓ガラス割る道具があればいいんだが)
もっと違った状況になっていたことは間違い無い。

別売のマーク I 専用カイデックスシースだ。装着角度を自由に調節できる。
10.jpg
11.jpg

俺は左腰に付けるのが好きだ。
12.jpg
さて、このシースはナイフを収めるときは簡単なんだが、抜くときがかなり固い。
しかし、簡単に抜く方法があるんだ。写真13の右手親指の位置に注目して欲しい。
13.jpg
こうやってシースの外側のプレートを押しやるとシース入り口が開き気味になりすんなり抜ける。
さらに写真のように左手でシースをホールドするとなお安定する。
14.jpg
15.jpg

オリジナルの M.O.D Mark I , Mark II はほとんど入手困難だが、
ブラックホークがプラスチックハンドルの廉価版として復活させ、
後にアルミハンドルも発売になった。
http://www.sheffield.rgr.jp/misc_tac/index.html#BLACKHAWK

オリジナルやアルミハンドルのものは高いので、ガンガン使っていこうと思ったら、
プラハンドルのもののほうがいいかもしれない。

とにかく、ディーター・マーク I 、マーク II は、M.O.D の記念碑と言っていいような気がする。
惜しいメーカーが消えてしまったものだ。

さて、次回は M.O.D の最終回として Caracara を、そしてブラックホークの一回目として Garra を、
このふたつをひとまとめにしてやろう。

今日も御来訪ありがとう。
それじゃあ、また次回も御来訪よろしく。

─────────────────────────────────────────

4月18日から、こんなのが出る。これは行かねば。
16.jpg
常々感じるマクドナルドに欠けているもの。それはボリューム。

なんでも、アメリカのマクドナルドのハンバーガーは、日本のそれより大きいそうじゃないか。
日本のもアメリカ並みにしてくれ。

ギガマックとグランドコークを定番化してくれたらいいんだがなあ。
ただ、17時以降、倍ビッグマックが買えるようだ。
17.jpg
18.jpg

倍ダブルチーズバーガーは?と、言いたい人も居るかもしれないが・・・
19.jpg
バンズの質がワンランクツーランク落ちる。

わかる人にはわかるはずだ。
20.jpg
俺はマクドナルドではこのビッグマック用バンズしか食べたくない。
コメント(14) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

M.O.D Keating Hornet (過去記事リバイバル) [ナイフ]

M.O.D 、マスターズ・オブ・ディフェンス。
最高級のタクティカルナイフと言えば、マイクロテックか M.O.D かエマーソンかという感じだったが、
ブラックホークに完全に吸収され、跡形も無い。ああ諸行無常。

俺がナイフに夢中になりだしたころは、www.modknives.com は、すでに無かった。
ブラックホークはナイフの他、軍装備全般(ただし銃器そのものや弾薬は除く)をやってるのに対し、
M.O.D は(あまり自信は無いが)ナイフ専門で、しかも高級路線。
高級品ばっかしじゃ売れなかったのだろうか?

ブラックホークは M.O.D に比べると安価路線。M.O.D を見た後では安っぽく見えるのは否めない。
M.O.D の人気機種のいくつか(ホーネット、ディーター・マークIマークII)と
ブラックホークの上級機種のいくつか(ガーラ、クルーシブル)は、
リーズナブル価格でリニューアルされているが、やや安っぽい感じは否めない。


1回目の今日は、キーティング(デザイナーの名前)・ホーネット。
安価なブラックホークのホーネットIIではなく、本当の M.O.D のホーネットだ。

M.O.D は、とにかく箱がでかい。シースナイフの箱並みにでかい。無駄にでかい。
01.jpg
比較のためにベンチメイドのニムラヴスを置いてみた。

こんな小さなナイフのためにこんなでかい箱が要るのか?
02.jpg
この無駄さかげんが何とも言えずいい。上のほうがホーネットだ。

ハンドルはフルメタル好きに嬉しいアルミニウム。
03.jpg
精度抜群、初期刃付け抜群、オープンクローズスムーズ、グリップ良好、文句無しにいいナイフだ。

ホーネットの一番の特徴はこれだろう。ブラッドグルーブに7つの穴が穿たれている。
04.jpg
これが実にいいデザイン上のアクセントになっている。
この穴は実用上には何の役にも立たないものだ。これがいい。
綺麗なだけ、カッコイイだけ、面白いだけで何の役にも立たないもの、そういうものが俺は大好きだ。
芸術というものは、こうありたい。

タクティカルナイフとしては、かなり小さめだが、それゆえ日常使用にはとても使い易い。
とは言え、もったいなくてほとんど使ってないが。
05.jpg
06.jpg
オープン時、サムスタッドがハンドル前端にぴったりくっつくことによってがたつき発生を防いでいる。
この手法は、ディーターマークIマークII、サイレントパートナー、マイクロテックのソーコムエリート、
ガーバーのEVOなどなど、さまざまなものに採用されていて、これが非常に具合がいい。
できればこれが当たり前になって欲しい。

ヤフブロ側で、michi nakayama さんから次のようなコメントがあり、記事追加。
*********************************************
ソング・ホールの位置と形が気になります。
なんかタクティカルな意味があるのでしょうか。
*********************************************

ソングホール(ヒモ通しの穴)が平べったい。
07.jpg
調べてみたら、他にカラカラとガーラがこういう形をしているのが判った。
この穴だと、一般的に使われるパラコード(パラシュート用ヒモ)が通らない。
ベルト状のものを通すことになるな。

ベルト状のものなら、ワンタッチで締めたり緩めたりする器具が使える。
08.jpg
リュックサックとかウエストポーチなどに使われているから、ほとんどの人が知ってるだろう。
軍事的にはこのようにして戦闘時、あるいは作戦行動時にナイフがすっぽ抜けるのを防ぐ目的で
使うことができるだろう。メーカーがどういう意図でこういう穴にしたのかは判らないが、
こういうふうなことではないかと想像している。
ただ、ホーネットは戦闘用としてはいささか小さいような気もするが。

さて、今日はここまで。次回はディーターマークIマークIIをやる予定だ。

毎度御来訪ありがとう。それじゃあ、また次回も御来訪よろしく。

─────────────────────────────────────────

旨いネーブルオレンジが出回っている。冬が終わり、温州みかんが消えてがっかりしているときに
ポンカンやネーブルが出て来てくれるのはありがたいな。
09.jpg

ところで、オレンジやネーブルオレンジの一般的な食べ方って、こんな感じじゃないか?
10.jpg
11.jpg
だけど、このやり方だと、結構な量のワタが口の中に入ってくる。
このワタははっきり言って不味いので、なるべく食べたくない。
もしかしたら、ワタにも何らかの体にいい成分が入っているのかもしれないが。

なんとか、ワタをうまく除く方法で食べたい。

まず、小さ目のナイフを用意しよう。(小さいほうがやりやすい。)
12.jpg

それをこんなふうに持つ。
13.jpg

皮にこんなふうに切れ目を入れる。わかりやすいように、マジックで線を引いた。
14.jpg
15.jpg
16.jpg
実際には、マジックインクが手について汚れるので、いちいち線は引かない。

切れ目を入れたら、まずヘタから除去。
17.jpg

皮をむいたら、ワタを丁寧に取り除く。
18.jpg

外側のワタが取れたら、パコッと割って、中心部のワタも除去する。
19.jpg

賭けてもいいが、こうするのが一番旨い。
20.jpg

皮はネットに入れて、手近なところに置いとくと、香りを楽しめる。
21.jpg
風呂に入れてもいい。ネットのまま、風呂場で陰干しすると、三回くらい使える。
コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Benchmade 520 Presidio ,523 Presidio Tanto (過去記事リバイバル) [ナイフ]

プレシディオ、いいねえ。ブラッククラスの中で一番好きだ。
01.jpg
ところで、この黒い箱にわくわくするのは俺だけじゃあるまい?
ブラッククラスという、この集団が持つ攻撃的なイメージがなんとも言えない魅力なわけだ。

攻撃的とは言ったものの、このプレシディオシリーズに限っては表情がどうにも穏やかで優しい。
02.jpg
03.jpg

それもそのはず、デザイナーはグリプティリアンやラントと同じメル・パーデュー氏だ。
04.jpg
05.jpg

グリップ非常に良好。
06.jpg
精度抜群、初期刃付け抜群、オープンクローズスムーズ、完全左右両対応。
見た目がいいだけじゃなく、実用ナイフとしても素晴らしい。金属ハンドル好きには特にお勧めだ。

タクティカルナイフ好きの人なら気付いていると思うが、タクティカルナイフは見た目がそそるだけじゃなく、
グリップが良くて非常に使い心地がいいものが多い。
もっとも、軍や警察で使ってもらうことを目指しているのものなので当然と言えば当然かもしれないが。

かなりあっさりになってしまったが、ベンチメイドの過去記事リバイバルはこれにて終了。
次回からはM.O.D.に入る予定だ。

今日も御来訪ありがとう。
それじゃあまた、次回も御来訪よろしく。

─────────────────────────────────────────

雄さんのコメントが元で、アマゾンから Ganzo (Firebird)のナイフを1本買ってみた。
07.jpg
ちなみに、Made by Ganzo & Designed by Firebird となっている。

値段の割にはかなりいいな。中国製品嫌いの人と軽量ハンドル好きの人以外は買っていいと思う。

シェフィールドさんで売っている Elite Tactical のものとは別の製造所だと思う。
http://www.sheffield.rgr.jp/elite/1016DBSO_rapid.html
08.jpg

ここで、アマゾンで買ったやつを GA 、シェフィールドさんで買ったやつを ET と表記しよう。

ピボット
GA 銅ワッシャー1枚、テフロンワッシャー1枚
ET ボールベアリングピボット

初期刃付け
GA まあまあ
ET 良好

ステンライナー
GA 肉抜き無し
ET 肉抜き有り(軽量ハンドルではない)

クリップ取り付け位置
GA 2ポジション
ET 1ポジション

ランヤードホール
GA 無し
ET 有り

精度
GA 良好
ET 良好

いずれきっちり各論記事をやるつもりだ。

あと、どっちが好きかと聞かれれば、Elite Tactical のほう。
ボールベアリングピボットと、初期刃付けがいいというのが、やはり俺的に萌え度大きいな。
コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Benchmade 420 Resistor , 425 Gravitator , etc (過去記事リバイバル) [ナイフ]

今日は熱狂的なH&K(銃器)マニアの Mike Snody 氏デザインの、この6本。

ベンチメイド、ブルークラスから420レジスター、425グラビテーター、426ハイブリッド、
01.jpg
02.jpg

ヘッケラー&コッホ・コラボレーションラインから14250、14200、14205だ。
03.jpg
04.jpg

426ハイブリッドは例によって例の如く、名無しモデルだな。

パッケージは、426 SNODY TACTICAL と書いてあるし、
メーカーサイトの目次ページでは 426 HYBRID、商品ページでは 426 GRAVITATOR になっていて、
混乱しているのが見てとれた。(当該ページは既に消失。)

425グラビテーターのハンドルと H&K 14200 のブレードとのハイブリッドということのようだが。
05.jpg

H&Kラインに至っては、モデルナンバーの後に続くのは形状を表す単語ばかりで、
きっちりした名前がつけられているのは、ALLY と Nitrous Blitz くらいのものだ。

ロック機構は425グラビテーター、426ハイブリッドだけがフレームロックで他はアクシズロック。
精度的にはアクシズのほうが断然上だな。
ところでベンチメイドはアクシズロックは確かに物凄くいいんだが、
ライナーロックやフレームロックに関してはさほどでもないという実感。
アクシズがあるからということで、あまり力を入れてないんじゃないだろうか?
(と、当時は書いたんだが、最近はアクシズも品質低下?)(下の第二記事参照。)

大きさはこんな感じ。
06.jpg
07.jpg
初期刃付け抜群、精度良好(※)、グリップ良好、オープンクローズ非常にスムーズ。
物凄く使い心地のいいナイフだと思うが、もったいなくて全然実用にしてない。
あまりに見た目がいいナイフは実用的には逆効果かもしれないな。
もっとも、実用派の人は気にしないだろうが。

(※)
以前書いた記事を覚えておられる方もいらっしゃるだろうが、
関市の、とある刃物屋から買った、俺にとっての2本目の426ハイブリッドは
精度全くダメのB級品だった。ベンチメイドでそれだと、実店舗では売れ残るだろう。
それを通販に回したんじゃないかと俺は思っている。


次回はプレシディオをやる予定。
今日も御来訪ありがとう。それじゃあまた、次回も御来訪よろしく。


あと、ここでひとつお詫びと訂正を。(本文は既に訂正済み。)
Benchmade LFK のところで、当初は「次回はスカーミッシュをやろう」と書いていたのだが、
その「写真上詰め・文章下詰めの読みづらいスカーミッシュの記事」は、既に削除し、
写真も撮り直してアップし直ししていた。(ヤフーブログ)
https://blogs.yahoo.co.jp/pinky_special_78/26031060.html
今回の過去記事リバイバルは、「写真上詰め・文章下詰めの読みづらい記事」の
やり直しなので、スカーミッシュは出て来ない。
以上、どうか御了承いただきたい。

─────────────────────────────────────────

ベンチメイドは原則卸売りをやめたのだが、山秀さんは特約店なので、現行のモデルが買える。

ただ、正直言って、どうも今のベンチメイドにはあまり魅力を感じない。

レッドクラスのアンブッシュとか、ブルークラスのスカーミッシュとか、
ブラッククラスのプレシディオみたいな、「こ、これ!売ってください!ハアハア・・・(*´Д`)」
っていう感じになるやつがただのひとつも無い。

しかし、眺めるだけならタダなので、今でもたまにウインドウショッピングする。

そこで Valet に対して気になるコメントが。
https://item.rakuten.co.jp/yamahide/bem485/

*******************************************************

コメントタイトル
「精度が悪すぎてB級品レベル」

本文(全文そのまま)
#531 Axis Pardueに続き、2本目のAxisロックモデルを購入しました。
#531 Axis PardueがG-10ハンドルの金属ライナーなしで軽量だったことから、ややオープン/クローズアクションに擦れるような感じがありました。
#485 ValetはG-10ハンドル内に金属ライナーが挟まれていることから安定したアクションで気に入りました。ただし、カシメがやや甘く、微弱ながらガタツキを感じます。Axisロック故にブレードの開閉にほとんど負荷がかかっていないため仕方がないかと思う反面、もう少し精度が高いものを期待しておりました。一方、両利きのため左手での開閉も可能なAxisロックモデルでは小振りで使いやすいサイズ、かつドロップポイントでサビにも強い鋼材を使っているとのことで、日常デスク周りでは重宝しそうです。
#425 Gravitatorは10年以上使い続けて刃も研ぎを重ねて減りつつありますが、ガタツキは一切ありません。154CM鋼のブレードやチタンライナーを採用したモデル故にやや重量感はありますが、これはこれで気に入っています。
(ブレードがシープスキナータイプなのでクセはありますが)
これから使い続けていくうちにM390鋼が水砥石で刃付けできるか、楽しみです。
なお、ブレード開閉時のガタツキはAxisロックの仕様だそうで、フリップ及び跳ね上げによる開閉は不可能とのこと。
Axisロックを検討の方は、軽いアクションとガタツキは伴うものとして認識したほうが良いかもしれません。
追記:
ボルトの緩み留めで強制的にブレードの支柱の緩みを固定しました。
ただし、前後左右にややガタツキがあることは否めず、仕様として諦めました。
厚手の #300 Flipperなどであればベアリングが内蔵してあるかもしれませんが、小型のモデルではワッシャが噛ましてあるだけなので、スムースな動作は期待できそうにありません。Axisモデルを前世代のライナーロックに見直そうと思います。
再追記:
ブレードのロックが徐々に甘くなっていき、前後左右にカタカタと揺れます。
ハードな仕様を想定したものではありませんが、流石に精度が悪すぎます。過去の精度を期待して購入したものの、これは値段相応だとは納得できません。「仕様」と言われ調整で再送してもらったものの、流石に製品としての品質に疑問があります。

*******************************************************

えっ?ちょっと待って。

> なお、ブレード開閉時のガタツキはAxisロックの仕様だそうで、

> ただし、前後左右にややガタツキがあることは否めず、仕様として諦めました。

いや、仕様じゃないでしょ?

仕様なの?

俺が昔買ったアクシズロックモデルにそんなのただのひとつも無いんですけど・・・


もうベンチメイド要らんわ。

さようならベンチメイド。君のことは一生忘れないよ。

ドウモアリガト!サヨナラ!(ブレンダ・リー風に)
(こればっかしやな。)
コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Benchmade 707 Sequel and 710 (過去記事リバイバル) [ナイフ]

ベンチメイドはブツはいいけど、名前に関しては非常に手抜きが多いと感じるのは俺だけか?
たとえばコールドスチールなんかは、製品にかなり気合の入った名前がついていて、
番号だけとかデザイナーの名前と番号とかいうのはひとつもなくて好感が持てるのに対し、
ベンチメイドは番号だけ、デザイナーの名前+番号なんてのがかなり多い。これは味気無いなあ。

さて、今日は McHenry & Willams 氏デザインの二品。
707 Sequel と 710 だ。
01.jpg
02.jpg

707 SEQUEL は、やや小さめの、710 は、やや大きめのユーティリティナイフといった風情。
03.jpg
04.jpg
この中間くらいのサイズなら、ジェントルマンフォルダとしてちょうどいい大きさだったような気もするが。

どちらも1本づつしか持ってないので実用にする気にはなれないな。
実用派の人には理解しづらいかもしれないが、俺の場合ナイフは基本的に美術品や宝物なので、
実用にする場合は最低でも2本は欲しいんだな。

ブレードにはデザイナーのロゴマークが入っている。
05.jpg
それはそれでいいんだが、ナイフにちゃんと名前つけてくれ。

パッケージ写真を見ると、710D2 Axis Lock とあるが、D2 は鋼材であり、
Axis Lock はロック機構の名前であってナイフの名前じゃない。
06.jpg
パッケージを作る係も困ってこういうふうにしたんじゃないだろうか?
ナイフショップでは、710 アクシス とか 710 マッケンリー・ウイリアムス とか表示している。


次回は SNODY 氏デザインの3本(ブルークラス)と、SNODY 氏デザインではないかと思われる
HK ブランドのもの数本をまとめてやる予定だ。

今日も御来訪ありがとう。
それじゃあ、また次回も御来訪よろしく。

─────────────────────────────────────────

これ、ガキのころ、何かの本で見たんだが、それが思い出せない。

少年誌の「簡単に出来る旨いもの」みたいなコーナーだったような気もするし、
「ミスター味っ子」系の料理漫画だったような気もする。

炒飯を用意する。出来合いでも自作でも、どちらでもいい。
07.jpg

俺はネギがダメなので、加熱する前に丁寧に除去。
08.jpg

中華料理店では、ドーム型に盛り付けるが、ここでは平らに延ばす。
09.jpg

目玉焼きを作る。
10.jpg
玉子1個、床に落としてしまった。8割かた救出したが、黄身が割れた。カッコ悪いな。

これを炒飯の上に乗せるだけだ。味付けは好みで。
11.jpg

たったこれだけのことで爆裂旨い!
12.jpg
まだやったことのない人は、ぜひ一度お試し頂きたい。
コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Benchmade 943 Osborne , 960 Osborne (過去記事リバイバル) [ナイフ]

今日はブツはいいけど名前に不満あり、の、この二品。

943 Osborne , 960 Osborne だ。

この名前にしたのは、はたしてデザイナー本人か、ベンチメイド社か。

デザイナー本人の名前をつけちゃいけないっていう決まりは無い。だが・・・

それでいいとなると、たとえば自動車、カローラとかスカイラインとかじゃなく、
○山●男1号という名前にしてもいいことになる。
○山●男1号に乗って、彼女をデートに誘いにいくのか?そんな気になれるのか?

ナイフにしても、デザイナーの名前でいいとなれば、たとえば、カーショウ、
ここのナイフは大部分がケン・オニオン氏のデザインだ(この元記事書いた当時)。
サイクロンとかリークとかスカリオンとかじゃなく、
1630 Ken Onion , 1660 Ken Onion , 1620 Ken Onion ・・・
つまんねーだろうが、それじゃあ。

何度か書いてるが、イージーな方向に走らずに、シャレた名前、カッコイイ名前をつけて欲しい。
740 デジャヴーのように、ナイフのみならず、名前でもしびれさせて欲しい。

そんなわけで、この人の作品は特にフォルムが好きなこの2本以外は買い気があまり起きず、今に至る。

名前についてはこれくらいにして、現物。

非常に優美なフォルム。分類としては、ジェントルマンフォルダと言っていいだろうな。
01.jpg
アクシズロック装備でクリップ左右付け替え可能のため、完全左右両対応。
精度抜群、初期刃付け抜群、オープンクローズ非常にスムーズ、グリップ良好。素晴らしい出来だ。
このデザイナーはジェントルマンフォルダ系が好きなようだな。これと同じようなのが他にもある。

オズボーン氏のトレードマークがブレードに入っている。
02.jpg
その気持ちは判らんでもないが、ナイフにはナイフ独自の名前をつけて欲しいものだ。

バックスペーサーには、これまた見事に美しいファイルワーク。
03.jpg
あと必要なのはカッコイイ名前だけだ。

さて、次回はマッケンリー&ウイリアムス氏デザインの2本。
うち1本はこれまた名前に不満ありだ。ブツはいいのにねえ。

ちょっとあっさりだが、今日はここまで。

今日も御来訪ありがとう。それじゃあ、また次回も御来訪よろしく。

─────────────────────────────────────────

敢えて恥を晒そう。

スマホを買って間無しの頃、自分であれこれするよりも、こいつにやらせたほうが楽だと気付いた。
04.jpg
ほとんどのアイコンを退去させているのはそのためだ。

たとえば・・・
05.jpg

『はい!何をお調べしますか?』
06.jpg
「現在地付近の明日の天気予報!」

『現在地付近の明日の天気は晴れ時々曇り、最高気温は11℃、降水確率は20%です。』
07.jpg
おお!いいねいいね!

ああそうだ、今度実家に帰るから、機内モードの練習をしよう。
08.jpg

『何か御用ですか?』
09.jpg
「機内モード!」

『「機内モード」を表示します。』
10.jpg
うん、やっぱしこいつにやらせるのが一番だ。探す必要無いし。

ここをオンにすればいいんだな。簡単じゃねーか。ふっ、これが俺の実力よ!
11.jpg

で、これを解除する方法だが、ここの四角いボタンを押せば、それまでのタスクが出てくるので・・・
12.jpg
13.jpg
そこから選んで解除すればいいだけのことなんだが、初めのうち、それを知らなかったため・・・

「よし!今度は機内モード解除だ!俺様の手にかかりゃ、それぐらい簡単よ!」
14.jpg

はあ?『圏外のため、ご利用になれません。』?
15.jpg
しゃべってコンシェルって、通信遮断された状態だと使えないのか。

えーい、手動で機内モード解除するのってどうすんだ?
16.jpg
えーくそ・・・
17.jpg
あーもうめんどくせー!
18.jpg
こんなことしてる間に妹から電話かかってきたらどうすんだ。後で笑われるだろうが。
19.jpg

ああなるほど、設定画面から入るのか。
20.jpg
もう機内モードなんてヤメだ。飛行機に乗るときは電源切ろう。

人はイージーなほうに走りやすいものだなあ。

上のほうで、
「何度か書いてるが、イージーな方向に走らずに、シャレた名前、カッコイイ名前をつけて欲しい。」
と、書いたが、イージーな名前でもいいです。どうもすいません。
コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Benchmade 740 Dèjávoo , 745 Mini-Dèjávoo (過去記事リバイバル) [ナイフ]

You will only think you have seen this before...(メーカーサイトより)

いいねえ、こういうふうにファンタスティックに決められると弱いんだよねえ。

740 デジャヴー、745 ミニ・デジャヴーだ。
01.jpg
ライナーロックなもんで、どうしても精度的にはアクシズロックからは見劣りするが
(ロッキングライナーの噛み具合にバラつきがある)その点以外は芸術作品。まさにブルークラス。

同じボブ・ラム氏デザインのスパイダルコ・ボブ・ラム・チャイニーズに顔が似ている。
この人はこういう顔が好きなんだろう。
02.jpg
03.jpg
デジャヴーはクリップ前方取り付けだが、チャイニーズフォルダは前後に付け替えできる。
ただ、ボブ・ラム氏デザインで、いつも残念に思うのは左手仕様に出来ないんだよね。
多分この人は左利きのことを全く考えないタイプの右利きだろうな。

スパイダルコのコ・パイロット、こいつとチャイニーズフォルダは、どちらもアルマイトコーティングの
アルミニウム製ハンドルだ。チャイニーズフォルダはコ・パイロットとデジャヴーの合いの子のようにも見える。
04.jpg

デジャヴー、ミニ・デジャヴーのハンドル後方にはこのような窪みがあるが、
ここにうまい具合に中指薬指もしくは薬指小指の先がはまる。実に握り心地がいい。
05.jpg
06.jpg

砥ぎ減りなんかしたら、せっかくのいい顔が台無しになるので、
俺はこいつらを実用にする気は無いが、かなり使い易いナイフでもある。
実用派の人も買ってもいいだろう。
いずれも初期刃付け抜群だ。

今日も御来訪ありがとう。それじゃあ、またこの次。

─────────────────────────────────────────

以前、↓この記事の、
株式会社トッププロダクツ 三徳包丁 楽RAKU
http://starwolf.blog.so-net.ne.jp/2016-06-16-1

goroさん宛てリコメで

ぼくはいまだにスマホ持ってないですし、欲しいとも思わないですねえ。
携帯電話ですら、「連絡取るのに不便だ。安物でいいからさっさと買わんか、ワレ。」と
妹に言われて渋々買ったようなありさまです。

と、書いたんだが・・・

携帯電話の電池がダメになってきた。
07.jpg
ドコモショップに行ったら、この電池は既に作られていないと言う。
ネット検索してみたら、中古はあるが新品が皆無。中古買ったってしょうがないだろう。

ところで、妹に「とっとと携帯電話買わんか、ワレ」と言われて最初に買ったのが mova P253i 。
08.jpg
本体価格1円なり。(笑)
当時はこういうのがしばしばあった。
09.jpg
多分女の子向けモデルだろうが、人前で使うことはほとんど無いし、妹とやり取りするだけなので、
1円携帯の中で一番好きなデザインのを買った。充電開始音と充電終了音が凄く綺麗なんだ。

2台目、FOMA F702iD 「所作(しょさ)」のローズピンク。
10.jpg
11.jpg
このころ、まだ mova の電波は飛んでいたが、数年後に止まるという予告が出ていたことと、
好みのデザインが出たのでとりあえず購入。
「デュアルネットワーク」申し込んで mova ・ FOMA 両方使っていた。

で、話の最初に戻る。mova は電波止まってて使えない。FOMA は電池が一日持たない。

新たに買うしかないわけだが、ただ、絶対に譲れない一点があった。

「ワンセグ無し!」

こいつに関してはまだ最高裁まで行ってないが、ここまでの流れからして
NHKに有利な判決が出るのは間違いないだろう。

https://www.nttdocomo.co.jp/product/
ああそうだ!キッズ携帯なら!
12.jpg
ちょっと待て。これ、メール打てんのか?押しボタンこれだけって、何これ?
なんか嫌な予感がする。やめよう。

高齢者向けガラホならどうだ?
13.jpg
え?なに?こんなのにまでワンセグ付いてんのか?
14.jpg
ああもう、かんべんしてよ。

で、ドコモの全商品しらみつぶしにしたら、あった!ワンセグ無しやあ!
15.jpg
しかもローズピンクあるし!おお!ローズピンクがあるのもこの一機種だけか!
このチャンス逃してなるか!即買い決定!
16.jpg
ラッキー!
17.jpg
オプション品もドコモ純正で固めた。
18.jpg

mova や FOMA 使ってたころ「キーボード繋げられたらメール打つの楽なのになあ」と
常々思っていたが、なんと、スマホってキーボードやマウス使えるんだな!
19.jpg
画面に直接触れられるので、マウスの有用性はあまり感じられなかったが、
キーボード使えるのはいい!
スマホのフリック入力は携帯電話の文字打ちよりもかなり楽だが、
物理キーボード入力はそれどころじゃない。

あと、俺がこれ買ってほどなくしてスマホケースのピンクが売り切れた。
20.jpg
FOMA の電池がもう少し持っていたら、これは手に入らなかったなあ。
(2016年モデルなので、もう出て来ないはず。)

何から何まで幸運だった。

ところで、ツキというのは伝染するらしい。

願わくは、この記事見てくれた皆さんにも幸運有らんことを。

May the Force be with you !
コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Benchmade 10100 LFK (過去記事リバイバル) [ナイフ]

LFK というのが、何の略なのかはわからない。(この大きさで Little Folding Knife なはずはない。)

追記
2018/02/27 ARAさんからコメントがあり、"Large Folding Knife" ではないかという御意見。
ああ!まさにそれだな!なんせ頭固いもんでな。Littleの反対はBigと頭に浮かんだら
そこで完全に固まってしまっていたよ。

開閉のたびに、この尻尾が出たり入ったりするのがなんとなく楽しい。
品質も良く、ブレードの大きさも魅力だが、俺にとっては、この尻尾が一番の萌え要素。
01.jpg
02.jpg
写真は撮ってないが、こいつはクリップを左右付け替えでき、
またロッキングライナーがあまり固くないので、左手での開閉もやりやすい。

でかい割りには取り回しが良く、使い易い。当時はブラック・セレ付きもあった。
03.jpg
精度良好、初期刃付け良好、グリップ良好、オープンクローズまずまず快適、というか面白い。

では、他のばかでっけー折り畳みナイフと比較してみよう。

ベンチメイドのLFKのほか、ソグからはファットキャット、リントンからスピアフィッシュ。
04.jpg
LFKはテールフィン搭載のため、閉じた状態の姿が一種独特だ。

ブレードの長さとハンドルの長さに注目だ。
05.jpg
LFKが最もブレードが長く、最もハンドルが短い。この奇妙なアンバランスさも面白さのひとつだな。

シース標準装備だが、LFK だけがクリップもついており、携行性能抜群だ。
06.jpg
07.jpg
まあ、なんつーか、ナイフは楽しいな。

これでレッドクラスはおしまい。(レッドクラスはあまり持ってない。)
次回からはブルークラスに移る。一回目はデジャヴーをやる予定だ。

ところで、カーショウにも LFK というナイフがある。
08.jpg
これは Little Folding Knife の略だとメーカーサイトに書いてあった。

実はこいつは、きっちりした各論記事をやってない。

ナイフをバカスカ買ってたころ(ヤフーブログ時代の中期~後期)は、
「出来る限り役に立つお買い物ガイド」を目指してやっていたため、
廃番により入手困難になったモデルについては取り上げない方針だったからな。

しかし今はもう以前のような買い方は出来ないので、
お買い物ガイドは(たまたま購入したものを除き)もう無理。

なので今後は方針転換し、「ナイフに関する軽い読み物、兼、自分の記録」ということに。

だからこのカーショウ LFK も、いずれきっちりした各論記事を上げようと思っている。

「写真上詰め文章下詰め」の読みづらい記事の書き直しが終了したら、
過去に取り上げなかったモデルや取り上げたがやり直したいモデルも順次やっていくつもりだ。

あと、ナイフの購入も、なかなか完全にはやめられないなあ。
ベステックのウォーウルフみたいなのが、どうしてもたまには出てくるからねえ。

とかなんとか言っている間にまた俺の好きそうなのが出てきた、ほらあ!
http://www.sheffield.rgr.jp/crkt/index.html
s.jpg
この感じだと、M16-03KSもいずれ入ってくるだろう。ハアハア・・・(*´Д`)

─────────────────────────────────────────

うなぎの資源枯渇が叫ばれてしばらく経つのは御存じの通り。

そこで我々がどうするべきかについての意見は、大きくふたつに分かれると言っていいだろう。

ひとつは「いいかげんうなぎを買うのをやめるべきだ」というもので、もうひとつは

「売ってたら買ってしまうだろう。危機的状況なら捕るのをやめればいいだろう。」というもの。

俺は後者のほうだ。

うなぎの蒲焼の特売なんかやってたら、我慢しろというのが無理な相談で、
いっそ象牙みたいに取り引き禁止にしたらいいんじゃないか?

また、俺がうなぎを買うのをやめたところで、それで死ぬうなぎが1匹
(俺が1回我慢するごとに1匹)減るんだろうかという思いものある。

俺が我慢したぶん、確実にうなぎ1匹助かるならいいが、
俺が我慢したぶんがそのまま売れ残って廃棄になったりしたらやりきれない。

なので俺の意見は、「100%禁漁・100%取り引き禁止」だ。

しかし、今みたいに売られているうちは買う。そしてありがたく頂く。
09.jpg
なんかこのまま食べるのもったいないな。

ああそうだ!このうな丼おかずにして御飯を食べよう!
10.jpg
うん、これでいいこれでいい。
コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の30件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。